大学出版部協会

 

 抵抗と協力をめぐる戦時下フィリピン周縁社会日本占領下のレイテ島

日本占領下のレイテ島 抵抗と協力をめぐる戦時下フィリピン周縁社会

荒 哲:著
A5判 344ページ
価格:10,340円 (消費税:940円)
ISBN978-4-13-026168-5 C3022
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

戦後日本の戦記文学の代表作である『レイテ戦記』で有名な,アジア・太平洋戦争の激戦地の一つレイテ島.本書は,民衆が主体の対日協力問題に焦点を当て,エリートの対日協力と比較しながら,フィリピン史の中でどのように位置づけられてきたかを明らかにする.

著者プロフィール

荒 哲(アラ サトシ)

福島大学基盤教育非常勤講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章
第一章 戦前期のレイテ島社会
第二章 日本占領の始まりとゲリラ組織化をめぐる暴力
第三章 町村部における日本占領と住民間暴力の激化
第四章 経済をめぐる住民の動き
第五章 戦争終結後のレイテ島の社会変化
終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。