大学出版部協会

 

 ドイツと東アジア 一八九八-一九五〇麻薬の世紀

麻薬の世紀 ドイツと東アジア 一八九八-一九五〇

A5判 272ページ
定価:7,000円+税
ISBN978-4-13-026164-7 C3022
奥付の初版発行年月:2020年03月 / 発売日:2020年03月中旬

内容紹介

ナチス・ドイツと麻薬は密接な関係にあった.阿片とコカを素材としながら,19世紀末から第二次大戦後に至るドイツと東アジアとの関係を描き,独亜通商関係を新たに捉え直す.研究上の空白を埋める一連の史料の発見から,戦後史の謎を解明する.

著者プロフィール

熊野 直樹(クマノ ナオキ)

九州大学大学院法学研究院教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章
第1章 二〇世紀初期における阿片と独亜関係
第2章 ドイツの通商政策の史的展開――バター・マーガリン・満洲大豆
第3章 第二次世界大戦期の独「満」関係
第4章 独ソ戦勃発と独「満」関係――満洲大豆から阿片へ
第5章 「満洲国」の阿片政策とナチス・ドイツの阿片・モルヒネ政策
第6章 ナチ阿片のゆくえ
第7章 阿片と日華賠償問題
補 論 コカと独日関係――第二次世界大戦期を中心に
終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。