大学出版部協会

 

 近代ロシアの読書の社会史ツァーリと大衆

ツァーリと大衆 近代ロシアの読書の社会史

A5判 232ページ
定価:4,800円+税
ISBN978-4-13-026161-6(4-13-026161-4) C3022
奥付の初版発行年月:-0001年11月 / 発売日:2019年02月上旬

内容紹介

絵入り雑誌と呼ばれる薄手の週刊誌が次々と発行された19世紀末のロシア社会.新しいメディアを享受した読者とは誰か,読者の変遷がもたらす文化の変容こそが,農奴制廃止や教育改革などの大改革から革命に至る騒擾という歴史の転換点につながることを明らかにし,近代ロシア像に再考をうながす.


目次

序 論 ツァーリと大衆――問題の所在
第1章 絵入り雑誌の登場と近代ロシアのメディア構造
第2章 読者大衆の成立
第3章 インテリゲンツィヤと出版――評論家ヴラジーミル・スターソフの闘争
第4章 ナロードと出版――農民企業家と正教ジャーナリストの連帯
第5章 専制と出版――ニコライ2世の肖像をめぐって
結 論 帝政末期の読書の社会史


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。