大学出版部協会

 

近代エジプト家族の社会史

近代エジプト家族の社会史

A5判 552ページ
定価:8,800円+税
ISBN978-4-13-021084-3 C3022
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月下旬

内容紹介

エジプトは,家族志向社会とも家族支配社会とも言われ,非常に家族が中心の社会であった.しかし,近代に入り,家族概念が非常に大きく変化した.本書は,この大きく変化した家族の概念の変容を多角的に分析し,エジプト社会の変容を家族という内部から解明しようとする地域研究の最新成果である.

著者プロフィール

長沢 栄治(ナガサワ エイジ)

東京大学東洋文化研究所教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき

I 家族の概念と家族関係
第1章 エジプトにおける家族関係の近代化
第2章 近代エジプトの家族概念をめぐる考察

II 家族の社会史の諸相
第3章 近代エジプトの村長職をめぐる権力関係
第4章 都市化と社会的連帯――上エジプト農村とアレキサンドリア市港湾労働者社会との事例比較
第5章 アタバの娘事件を読む――現代エジプト社会における性の象徴性
第6章 現代エジプトの社会問題とNGO
第7章 イスラーム運動とエジプト農村
第8章 世界綿業の展開とエジプト農村の労働力問題  
第9章 エジプト綿花経済における『不自由な賃労働』――イズバ型労働制度をめぐって
第10章 少年が見たエジプト1919年革命 

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。