大学出版部協会

 

和辻哲郎の解釈学的倫理学

和辻哲郎の解釈学的倫理学

A5判 564ページ
定価:11,000円+税
ISBN978-4-13-016040-7 C3010
奥付の初版発行年月:2019年11月 / 発売日:2019年11月下旬

内容紹介

和辻哲郎の倫理学の意義とは何か.近代日本思想史の文脈に密着したものでなく,近現代の西洋哲学のコンテクストに置いて(ハイデガー,H・ドレイファス,C・テイラーなど),あくまでも普遍的な理論として捉え全体像を解明し,そこから理論的可能性を提示する.

著者プロフィール

飯嶋 裕治(イイジマ ユウジ)

九州大学基幹教育院准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 論 和辻哲郎の倫理学理論の全体像の解明のために
 第一節 問題設定とアプローチ
 第ニ節 和辻哲郎の倫理学理論の基本的特徴
 第三節 「了解」概念の基本構図
 第四節 本書で取り扱う和辻の著作と全体の構成

第一部 人間存在論とは何か

第一章 解釈学的方法と「日本語で哲学する」こと
 第一節 倫理学の方法としての解釈学的方法
 第ニ節 「日本語で哲学する」という問題構成をめぐって
 第三節 表現主義的言語観との共通性(補助線①)
 第四節 「存在了解」概念の批判的受容(補助線②)
 第五節 「日本語で哲学する」ことの意義

第二章 所有の人間存在論──存在者の成立構造をめぐって
 第一節 「もの」と「こと」について(存在論①)
 第ニ節 根底的な「ある」について(存在論②)
 第三節 解釈学的方法と所有の人間存在論――存在者の成立構造

第三章 表現的主体の実現—自覚構造──人間存在の主体性の構造をめぐって
 第一節 「人間がある」ということの二重性
 第ニ節 「いうこと」と「すること」について(存在論③)
 第三節 言としての反省的開示
 第四節 事としての技能的開示
 第五節 「表現する」ことの存在論的構造

第二部 人間存在論に基づく解釈学的倫理学

第四章 倫理とは何か,倫理学とは何か──人間存在論から解釈学的倫理学へ
 第一節 人間存在論から倫理学への展開 
 第ニ節 「倫理」とは何か?――「実現」構造から
 第三節 「倫理学」とは何か?――「自覚」構造から
 第四節 倫理学の出発点としての「間柄」概念

第五章 解釈学的倫理学の二つの主要問題──間柄をめぐる行為論と共同体論
 第一節 手がかりとしての西洋倫理学史
 第ニ節 了解に基づく行為論──マルクスの「社会的存在の学」
 第三節 行為論から共同体論へ──アリストテレスの「社会的人間の学」
 第四節 主体的全体性としての共同体論──ヘーゲルの「人倫の学」

第三部 『倫理学』における解釈学的倫理学の展開

第六章 空の存在論──間柄における個別性と全体性の関係
 第一節 「間柄」の構造分析と「空」の存在論──個人と共同体の関係から
 第ニ節 空の存在論における「主体的なもの」とは何か?
 第三節 空の存在論に基づく善悪観

第七章 信頼の行為論──規範的行為の共時的・通時的構造
 第一節 主体的空間性に基づく行為の構造
 第ニ節 主体的時間性に基づく行為の構造
 第三節 ハイデガーの現存在分析における行為論的議論
 第四節 信頼の行為論

第八章 歴史—文化—共同体論──「国家の成立」問題をめぐって
 第一節 人倫的組織論の基本構図──公共性と私的存在の相対的関係から
 第ニ節 国家論の位置づけをめぐって
 第三節 民族と国家の関係から
 第四節 世界史の哲学から見た「国家の成立」問題
 第五節 歴史—文化—共同体論──文化共同体の過去から国家の歴史へ

結 論 解釈学的倫理学の理論的可能性
 第一節 『倫理学』の理論的達成の総括 
 第ニ節 準目的論的行為論(理論的可能性①) 
 第三節 何かを主体として捉えることの倫理(理論的可能性②)
 第四節 倫理学研究の実践的意義


Hermeneutic Ethics of Tetsuro Watsuji
Yuji IIJIMA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。