大学出版部協会

 

 擬人主義に立ち向かう動物に「心」は必要か

動物に「心」は必要か 擬人主義に立ち向かう

四六判 256ページ
定価:2,700円+税
ISBN978-4-13-013314-2 C1045
奥付の初版発行年月:2019年12月 / 発売日:2019年12月下旬

内容紹介

動物の行動実験や脳研究から,比較によってヒトの心に迫ろうとしてきた著者が,心の多様性への理解を促す警鐘の書.擬人主義の起源を探り,何が問題なのか,どんな危険性をはらんでいるのかを,擬人主義に飲み込まれつつある心理学の歴史を振り返りながら明らかにしていく.

著者プロフィール

渡辺 茂(ワタナベ シゲル)

慶應義塾大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき
序章 擬人主義の何が問題か
1章 観相学における擬人主義と擬動物主義
2章 ダーウィンをルネ・デカルトは知らざりき
3章 哀れなり,ラ・マルク
4章 ダーウィン,ダーウィン,ダーウィン
5章 ウォーレス君,何故だ?
6章 元祖「心の理論」――ロマネス,モルガンの心理学とその後継者
7章 ドイツ実験心理学の栄光と賢馬ハンスの没落
8章 新大陸の動物心理学
9章 行動主義宣言
10章 花盛りの動物心理学――新行動主義の栄光
11章 スキナーの孤独
12章 比較認知科学――忍び寄る擬人主義
13章 擬人主義を排す
14章 擬人主義・ロマン主義・浪曼主義
15章 動物の哲学
16章 動物,機械との共生
著者解題
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。