大学出版部協会

 

 解釈学的経験の系譜旧約における超越と象徴 増補新装版

旧約における超越と象徴 増補新装版 解釈学的経験の系譜

A5判 644ページ
価格:13,200円 (消費税:1,200円)
ISBN978-4-13-010150-9 C3012
奥付の初版発行年月:2021年05月 / 発売日:2021年05月下旬

内容紹介

象徴としての旧約テクストの解釈を通して,超越の顕現する時処を問う.神がいつ,どこに現われるかの象徴分析から,代贖思想の成立にいたる旧約思想を解明.ヘブライ語原典の本文批判に出発し,その倫理学的な根拠づけを試みる.英訳によって国際的評価も高い初版をめぐる,国内外の論評22篇を参看しつつ,ダイナミックな応答と考察を展開した「増補版研究ノート」を追補.【日本学士院賞/和辻哲郎賞受賞】


目次

序 説

第一章 十戒の旧約学的解釈と倫理学的根拠づけ
  一 第六戒から第九戒をめぐって
  ニ 第六戒から第九戒の根拠づけの試み――カントから和辻へ
  三 第六戒から第九戒の根拠づけ再考――和辻説への疑問
  四 第一戒から第四戒をめぐって
  五 第五戒と第十戒をめぐって
  六 問題の所在
  七 倫理的命法の旧約的根拠づけ

第二章 ニヒリストとしてのコーヘレス
  一 研究の現況と課題
  ニ ニヒリズムの概念規定――ニーチェ,ハイデッガーに依拠しつつ
  三 ニヒリスト・コーヘレス
  四 ニヒリズムの想点から見たコーヘレスの思想
  五 要約と展望

第三章 ダビデにおける罪と赦し,そして償い――サムエル記下一二章と詩篇五一篇を中心に
 緒論 ヘブライ・ギリシア歴史理解の比較をめぐって
  一 波多野説瞥見
  ニ コリングウッド説瞥見
  三 中間考察
  四 波多野説再検討――トゥキュディデスは反証とならないか
  五 コリングウッド説再検討――ダビデ王位継承史は反証とならないか
  六 暫定的結論と展望
 I サムエル記一二章の場合
  一 ヘブライ的正統的解釈――ヘルツベルク説紹介
  ニ ギリシア的異端的解釈――試論
 II 詩篇五一篇の場合
  一 詩篇五一篇試訳
  ニ ギリシア的理解に基づくいくつかの疑問
  三 グールダー説紹介
  四 グールダー説検討
  五 詩篇五一篇私解――象徴の解釈学的試論
  六 結び――解釈の葛藤を経て

第四章 アダム神話の象徴論的解釈
  一 リクールのアダム神話解釈
  ニ アダム神話の私訳と註釈
  三 アダム神話私解
  四 終わりに

第五章 第二イザヤ書における代贖思想の成立――編集史的考察
 I 苦難の神義論をめぐって
  一 ヴェーバーの苦難の神義論をめぐる問題定位
  ニ 編集史的仮説の呈示
  三 編集各層における救済理解の位相
  四 編集各層における罪理解の位相
  五 編集各層における普遍主義の位相(抄)
  六 編集史的仮説の修補――結論I
  七 苦難の神義論再考――結論II
 II 代贖をめぐって
  一 第(四)詩の僕像をめぐる研究史の批判的瞥見
  ニ 問題の所在
  三 第(四)の僕の詩編集史試論
  四 代贖再考――本書全体の結びに
  五 二つの補論

増補版研究ノート 論評と応答――四半世紀の影響作用史を顧みて
プロローグ
第一章 本書論評史の瞥見
 I 書評
 II 論及
 III 選評
第二章 論評への応答の試み
 I 関根正雄氏へ
 II アダム神話解釈をめぐって
 III 中川久定氏へ
 IV 泉治典氏へ
 V 今道友信氏へ
 VI 再び今道氏へ――新約聖書の代贖をめぐって
 VII 再び泉氏へ,そして小林孝吉氏へ――新約聖書の再臨をめぐって
 VIII 歴史学的解釈と哲学的解釈の相補性
エピローグ

増補版後書き


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。