大学出版部協会

 

 写真論講義 実例編イメージのヴァナキュラー

イメージのヴァナキュラー 写真論講義 実例編

四六判 296ページ
定価:4,000円+税
ISBN978-4-13-010145-5 C3010
奥付の初版発行年月:2020年04月 / 発売日:2020年04月中旬

内容紹介

写真はイメージとしてのみ浮遊しているのではない.そこには多様な物質性やメディア性,撮影・受容する身体の痕跡が刻み込まれている.そうした重層的な位相を解きほぐしつつ,写真集,スライド,アマチュア,セルフィなどを分析する.イメージ=写真の新たなパースペクティヴを切り開くヴァナキュラー写真論.前著『イメージを逆撫でする――写真論講義 理論編』につづく著者待望の写真論.

著者プロフィール

前川 修(マエカワ オサム)

神戸大学大学院人文学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 物としての写真,メディアとしての写真
 1 写真のにおい
 2 写真の影のアーカイヴ
 3 写真という薄膜と身体 
 4 写真のヴァナキュラー

第1部 写真集を「読む」

第1章 トルボット『自然の鉛筆』論1――写真集「未満」の写真集?
 1 起源の写真集
 2 展開と接触
 3 写真の言説空間とは

第2章 トルボット『自然の鉛筆』論2――写真(集)という格子
 1 窓としての写真/表面としての写真(第一巻)
 2 開いた扉から格子窓へ
 3 植物写真とレース写真
 4 格子という原理
 5 記憶の危機と写真による想起

第2部 写真を投影する

第3章 スライド写真論1――複製の知覚
 1 複製と透明性
 2 複製の不透明さ
 3 形の複製――「芸術写真」とステレオスコープ
 4 鑑賞者と観察者

第4章 スライド写真論2――美術史の目と機械の眼
 1 スライドとは何か?
 2 芸術・写真というオリジナル・コピー
 3 複製の美術史
 4 スライド効果

第3部 写真を「飾る」/身につける

第5章 ヴァナキュラー写真論1――理論の相貌
 1 写真の縁/縁としての写真
 2 PhotographyからPhotographiesへ――不在の痕跡と抹消の痕跡
 3 ヴァナキュラーという脱境界性
 4 ヴァナキュラー写真とは

第6章 ヴァナキュラー写真論2――物・身体・時間
 1 写真の物質性――インデックスの過剰
 2 身体という物
 3 ヴァナキュラー写真の時間性
 4 すりぬけるイメージとしてのヴァナキュラー写真

第4部 写真を撮る/めくる/撮られる

第7章 アマチュア写真論
 1 ネガとしてのアマチュア
 2 写真史のなかのアマチュア写真――技術史/美術史、プロ/アマ
 3 一九世紀の男子写真と女子写真――もうひとつのアマチュア像
 4 宙に浮いたアマチュア写真
 5 アマチュアというガイド

第8章 カルト・ド・ヴィジット論
 1 CDVとは何か?
 2 CDVの逆説――市民という主体/被写体
 3 セレブリティという主体、写真家という主体
 4 アルバムというアーカイヴ
 5 CDVの中間性

終 章 セルフィ論――顔,腕,情動のエコノミー
 1 セルフィの拡大/セルフィ論の停滞
 2 「幻のもうひとり」の問い
 3 セルフィ以前
 4 セルフィ論争――セルフィッシュとセルフ(ィ)・コントロール
 5 セルフィとは何か?――顔の脱中心化/遍在化
 6 腕というインデックス
 7 再帰性とミラーセルフィ
 8 セルフィを見る/に触れる身体
 9 フィルターという仮面
 10 「幻のもうひとり」のその後


Remediating Vernacular Photographies
Osamu MAEKAWA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。