大学出版部協会

 

遠近橋 続日本史籍協会叢書オンデマンド

続日本史籍協会叢書オンデマンド
遠近橋 続日本史籍協会叢書オンデマンド

A5判 632ページ
価格:14,000円+税
ISBN978-4-13-009585-3 C3321
奥付の初版発行年月:2016年05月

内容紹介

水戸藩士高橋多一郎の編著.弘化元年に藩主徳川斉昭が幕譴を蒙るや,彼は主として水戸に在り,同志の板橋源介は江戸に在って斉昭の雪冤に運動し,漸くその罪を許された.その間の事情を記して詳かである.斉昭は一首の歌を両名に与へて「をちこちに二つの橋をかけ置きてあやうかるべき世を渡るとは」と.書名の由来である.彼は後に桜田事変に関係し,追はれて大阪に逃れ,その子と共に自刃した.



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。