大学出版部協会

 

連城紀聞 二

日本史籍協会叢書オンデマンド
連城紀聞 二

A5判 600ページ
価格:14,000円+税
ISBN978-4-13-009490-0 C3321
奥付の初版発行年月:2015年03月

内容紹介

「乙丑連城紀聞」と称し,名古屋の戯作者小寺玉晁の蒐集した史料.年代的には「甲子雑録」につづき,本書の後に「連城漫筆」がつづくもので,慶応元年の記事を輯録する.この年は毛利敬親父子の服罪,高杉晋作の挙兵,幕府の長州再征,家茂の征長のための江戸進発,四国公使の兵庫来航,条約勅許の要求よりこれが実現に至る年であり,また各地に一揆・打ちこわしが続出し,ようやく幕府衰退の兆が見えはじめるが,本書はよくこれらの事象を捉えている.



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。