大学出版部協会

 

嵯峨実愛日記 二

日本史籍協会叢書オンデマンド
嵯峨実愛日記 二

A5判 600ページ
価格:11,000円+税
ISBN978-4-13-009413-9 C3321
奥付の初版発行年月:2015年02月

内容紹介

嵯峨実愛の維新当時における日記,原題を「続愚林記」と称する.実愛は,光格・仁孝・考明・明治の四帝に仕え,ことに元治・慶応以後は岩倉具視・中山忠能・中御門経之と結び,大いに国事に尽瘁し,討幕派の中枢であった.一は元治元年七月より慶応二年二月まで,二は慶応元年正月より明治元年十二月三十日まで,三は明治二年正月より明治四年十二月三十日までを収める.



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。