大学出版部協会

 

 現代のリベラルアーツを考える規範としての民主主義・市場原理・科学技術

規範としての民主主義・市場原理・科学技術 現代のリベラルアーツを考える

A5判 384ページ
価格:2,860円 (消費税:260円)
ISBN978-4-13-003391-6 C1034
奥付の初版発行年月:2021年11月 / 発売日:2021年11月上旬

内容紹介

グローバル化し,めまぐるしく変わりゆく世界をどのように理解し,考えるべきなのか? 現代を生き抜くための基礎的素養として三つの規範を,15の講義でわかりやすく解説した必読書.

著者プロフィール

藤山 知彦(フジヤマ トモヒコ)

科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー

吉川弘之(ヨシカワ ヒロユキ)

東京国際工科専門職大学学長、東京大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

監修者の言葉(吉川弘之)
はじめに(藤山知彦)
プログラム解説(藤山知彦)

I リベルアーツの基本的視点
第1講 グローバリズムの規範とその揺らぎ
 ⅰ グローバリズムの三規範の揺らぎ 市場主義・民主主義・科学技術(藤山知彦)
 ⅱ 如何にして科学技術知識を経済的価値創造に活かす(黒田昌裕)
 ⅲ グローバリズムの揺らぎと科学技術(吉川弘之)
第2講 「リベラルアーツ」を文系・理系の歴史から考える(隠岐さや香)
第3講 西洋の「もの」の考え方の歴史(瀧 一郎)

II 民主主義
第4講 民主主義に関する歴史的考察(宇野重規)
第5講 民主主義とポピュリズム――「中抜き」時代の到来(水島治郎)
第6講 民主主義とAIネットワーク 
 ⅰ 民主主義とAI(湯淺墾道)
 ⅱ 日本における民主主義と情報(西田亮介)

III 市場原理
第7講 市場原理と共感――経済学が辿ってきた道(堂目卓生)
第8講 経済政策を考える――資本主義200年の歴史と現在(吉川 洋)
第9講 マネーからみる市場原理
    歴史に学ぶマネーの本質――ハイエクの貨幣発行自由化論(松元 崇)

IV 科学技術
第10講 歴史から見た科学・技術(古川 安)
第11講 生命の研究の拠り所は何か――科学と社会の関わり方を考える(橳島次郎)
第12講 人工知能技術と社会(中島秀之)

V 現代日本を考える視点
第13講 宗教との共生のために――フランスのライシテの問題点と可能性(伊達聖伸)
第14講 東洋・日本思想の独自性と日本の役割(竹村牧男)
第15講 みずから考える持続可能性とCOVID-19(沖 大幹)

結びにかえて コロナ禍と三規範(藤山知彦)
謝辞(藤山知彦)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。