大学出版部協会

 

東南アジアの華人廟と文化交渉

関西大学東西学術研究所研究叢刊60
東南アジアの華人廟と文化交渉

A5判 146ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-87354-713-8 C3014
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年02月上旬

内容紹介

シンガポールとマレーシアを中心に、東南アジアの華人たちの民間信仰や道教、習合の状況を現地調査に基づき報告する。またベトナム・タイ・フィリピンのチャイナタウンの廟の状況についても報告。様々な宗教文化が交錯する現象を文化交渉の視点から追う。

著者プロフィール

二階堂 善弘(ニカイドウ ヨシヒロ)

二階堂 善弘(にかいどう よしひろ)
1962年生まれ。東洋大学文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、博士(文学・東洋大)、博士(文化交渉学・関西大)。現職は関西大学文学部教授。専門はアジアの民間信仰研究、著書に『元帥神研究』(斉魯書社・劉雄峰訳・2014年)、翻訳書に『全訳 封神演義1~4』(勉誠出版・2017-18年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

前言

第1章 シンガポール・マレーシアの華人廟
 1.シンガポールの聯合廟
 2.チャイナタウンの天福宮・粤海清廟とゲイラン順天宮
 3.クラーク・キーの保赤宮と鳳山寺
 4.ホウカンの斗母宮と九皇大帝
 5.マレーシアのババ・ニョニャ文化
 6.マラッカの青雲亭と三多廟
 7.マラッカ保安宮と祖師信仰
 8.ペナンジョージタウンのコンシー
 9.クラン・ジェティ―の華人廟
 10.クアラ・ルンプール周辺の華人廟
 11.ジョホール・バルの柔仏古廟
 
第2章 各地チャイナタウンの華人廟
 1.ホーチミンの華人廟
 2.ホイアンの華人廟
 3.ハノイの鎮武観
 4.ハノイの西湖府
 5.マニラの華人廟
 6.ジャカルタの華人廟
 7.バンコクの華人廟

第3章 いくつかの宗教施設と祭神
 1.宗教施設の性格
 2.ガネーシャ神と華人廟
 3.『西遊記』『封神演義』の華人廟への影響
 4.華光大帝と二郎神の混同
 5.五営とその祭神
 6.ハウパーヴィラとブキット・ブラウン
 7.ベサク・デイとタイプーサム

後記 


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。