大学出版部協会

 

スズメバチはなぜ刺すか

スズメバチはなぜ刺すか

四六判 312ページ
定価:2,500円+税
ISBN978-4-8329-7101-1(4-8329-7101-8) C1045
奥付の初版発行年月:1988年09月 / 発売日:1988年09月下旬

内容紹介

スズメバチは, エジプトの昔より刺症昆虫の筆頭として人類から敵視される一方,害虫の天敵として保護されてもきた.本書は害虫としてのスズメバチ対策に始まり,その生態はもちろんのこと,広く人間社会との関わりまでをも網羅した〈スズメバチ百科〉である.生態写真を多数収録.

著者プロフィール

松浦 誠(マツウラ マコト)

三重大学生物資源学部教授.昆虫社会学・果樹昆虫学専攻.

[主  著]
日本ハチ類生態図鑑 (共著,講談社,1982)
スズメバチ類の比較行動学 (共著,北海道大学図書刊行会,1984)
ハチの観察と飼育 (ニューサイエンス社,1985)
スズメバチ—ぞうき林の名ハンター (平凡社,1985)
社会性ハチの不思議な社会 (どうぶつ社,1988)
蜂の生態と蜂毒及びその予防治療対策 (共著,林業労働災害防止協会,1988)
Biology of the Vespine Wasps (共著,Springer-Verlag,1990)
The Social Biology of Wasps (共著,Cornell University Press,1991)
図説・社会性カリバチの生態と進化 (北海道大学図書刊行会,1995)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ  スズメバチとはどんなハチ

Ⅱ  ハチはなぜ刺すか
1  刺すハチ・刺さぬハチ
2  おどしと攻撃
3  どうやって刺すか
4  毒の成分とその作用
5  どこを刺されるか
6  いつ刺されるか
7  ハチ毒アレルギー
8  刺されたらどうするか
9  刺されないためには

Ⅲ  スズメバチと人とのかかわり
1  刺症・不快昆虫として
2  なぜスズメバチが問題となっているか
3  食用としてのスズメバチ
4  ミツバチの殺し屋
5  害虫退治への貢献
6  スズメバチ信仰
7  スズメバチにかけた執念の男たち

Ⅳ  スズメバチの社会
1  ミツバチとどう違うか
2  多才な建築家
3  餌集め作戦
4  ギブあんどテイク
5  抗争と共存
6  スズメバチをめぐる不思議な生き物たち

Ⅴ  素人にできる巣の駆除法

Ⅵ  日本のスズメバチとその見わけ方
1  スズメバチの見わけ方
2  日本のスズメバチ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。