大学出版部協会

 

アイヌからみた北海道150年

アイヌからみた北海道150年

石原 真衣:編著
四六判 136ページ 並製
価格:1,760円 (消費税:160円)
ISBN978-4-8329-3405-4 C1036
奥付の初版発行年月:2021年10月 / 発売日:2021年10月中旬

内容紹介

「北海道命名150年」をアイヌの人たちはどのように見つめていたのか。開拓を否定するのではなく、この土地が持つ悲しみや努力や希望の物語をアイヌと和人が共に継承するために……。30名を超えるアイヌの人たちが多様に紡ぐ、過去と現在、そして未来への思い。

著者プロフィール

石原 真衣(イシハラ マイ)

1982年サッポロ生まれ。母方の祖母がアイヌ、父方の祖母は琴似屯田兵で会津藩士であるマルチレイシャル。高校時代のアメリカ留学を経て北星学園大学卒業後、高校、専門学校で勤務。北海道大学大学院に進学し博士号取得。
現在、北海道大学アイヌ・先住民研究センター助教
専門は文化人類学。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき『アイヌからみた北海道150年』(石原真衣)

アイヌの過去と、アイヌの現在――アイヌモシリ、蝦夷地、北海道(石原真衣)
150年後(Oki Kano)
考え方(天内重樹)
血の誇り(五十嵐タカヒロ)
未来に向けて(石原イツ子)
フチからの伝承(宇佐照代)
育て合う(岡田勇樹)
アイヌの足跡が残る土地から(織田登)
読んでみて、学んだこと(貝澤幸希)
北海道150年に思うこと(萱野公裕)
より良い未来を願って(川上恵)
過去に目を閉じる者に、未来はない(木村二三夫)
土から生まれて土へ還る(葛野次雄)
北海道150年(郷右近富貴子)
「今」を生きるアイヌが「未来」を見据えて(酒井学、酒井真理)
先住のアイヌ無視して開拓す北海道史百五十年(清水裕二)
北海道150年に思うこと(床みどり)
真の歴史(戸塚美波子)
ひとりとなるも(土橋芳美)
樺太アイヌ(エンチゥ)として生きる(楢木貴美子)
北海道150年記念に思うこと(橋本隆行)
二つの節目(八谷麻衣)
共に生きる(本木知也)
北海道命名150年に物申す(八重樫志仁)
若きウタリに(山本栄子)
北海道150年を節目に多文化共生を考える
続いてきたこと、続けていくこと
変化の中を生き抜いてきたアイヌ民族
私の願い
自分とアイヌの関わりについて
百五十年、胸中に去来するもの(新井かおり)
北海道平取町二風谷&東京出身(鵜澤加那子)

あとがき――物語を継承する(石原真衣)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。