大学出版部協会

 

 法と政治からの接近「市民」の時代

「市民」の時代 法と政治からの接近

四六判 320ページ
価格:2,640円 (消費税:240円)
ISBN978-4-8329-3251-7(4-8329-3251-9) C3031
奥付の初版発行年月:1998年05月 / 発売日:1998年05月下旬

内容紹介

ボランティアやNGOの活躍などで注目される「市民」をテーマに,北大法学部の精鋭スタッフが多彩な議論を展開.私たち市民は,どのような可能性を秘め,また問題を抱えているのか.そして地球市民になるためには? 北大法学部の公開講座をもとに「市民の時代」を徹底分析!

著者プロフィール

今井 弘道(イマイ ヒロミチ)

北海道大学法学部教授.法哲学・法思想史

瀬川  信久(セガワ ノブヒサ)

北海道大学法学部教授.民法

道幸  哲也(ドウコウ テツヤ)

北海道大学法学部教授.労働法

森     啓(モリ ケイ)

北海学園大学法学部教授.公共政策学

長谷川  晃(ハセガワ アキラ)

北海道大学法学部教授.法哲学

古矢   旬(フルヤ ジュン)

北海道大学法学部教授.アメリカ外交史

坪井  善明(ツボイ ヨシアキ)

早稲田大学政治経済学部教授.ヴェトナム政治社会史

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第 1章  「市民」の時代の紛争と法 (瀬川信久)
第 2章  会社で自分らしさをどう守るか—職場におけるプライバシーの保護 (道幸哲也)
第 3章  地域文化の主体としての市民 (森 啓)
第 4章  日本における「市民」問題—<官僚的政治文化>と市民的政治文化 (今井弘道)
第 5章  市民の時代の公共哲学—「市民のパラドックス」をめぐって (長谷川 晃)
第 6章  日本の市民とアメリカの市民—「比較市民文化論」のこころみ (古矢 旬)
第 7章  日本人から地球市民へ—途上国理解のために (坪井善明)
終  章  市民とは何か—市民の二重性をめぐって (今井弘道・古矢 旬)



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。