大学出版部協会

 

 イランのモンゴル政権イル・ハン国の宮廷年代記カーシャーニー オルジェイトゥ史

カーシャーニー オルジェイトゥ史 イランのモンゴル政権イル・ハン国の宮廷年代記

大塚 修:訳註, 赤坂 恒明:訳註, 髙木 小苗:訳註, 水上 遼:訳註, 渡部 良子:訳註
A5判 516ページ 上製
価格:9,900円 (消費税:900円)
ISBN978-4-8158-1105-1 C3022
奥付の初版発行年月:2022年11月 / 発売日:2022年11月中旬

内容紹介

モンゴル帝国を構成する政権の一つ、イル・ハン国に仕えた歴史家カーシャーニー。その手になるオルジェイトゥ治世の年代記は、『集史』以降の時代を扱い、大帝国の実像を伝えるとともに、ユーラシア各地の貴重な情報をも記録した第一級の史料である。詳細な解題・訳註を付した、ペルシア語史書初の日本語全訳。


目次

口絵
凡例
地図

史料解題
1 はじめに
2 カーシャーニーの生涯と著作
2–1 生涯
2–2 著作活動
3 『オルジェイトゥ史』の史料的価値
3–1 構成
3–2 情報源
3–3 ペルシア語文化と『オルジェイトゥ史』
3–4 モンゴル文化と『オルジェイトゥ史』
4 『オルジェイトゥ史』諸手稿本
4–1 イスタンブル本
4–2 パリ本
5 『オルジェイトゥ史』諸刊本
5–1 テヘラン刊本
5–2 ゲッティンゲン刊本
6 本訳註の意義

『オルジェイトゥ史』訳註
著者による序文
 神と預言者ムハンマドに対する称賛/『オルジェイトゥ史』執筆の経緯

 ハトン一覧/アミール一覧
本編
 オルジェイトゥ即位記/ガザンの死/ガザンの遺言/オルジェイトゥの誕生と少年時代/オルジェイトゥのホラーサーン守護時代/オルジェイトゥの権力掌握/オルジェイトゥの即位/
 704年の出来事/夏営と冬営/オルドの移動:タブリーズ,マラーガ/モンゴル帝国諸ウルスからの使者の到来/カイド死後の一門壊滅と、目的を達したチャガタイ家のドワの死/オルドの移動:マラーガ,タブリーズ,ムーガーン,アッラーン/ジョチ・ウルスからの使者の到来/オルドの移動:ガーウバーリーで/サイイド・マフディーの死/王子ビスターム、バーヤズィードの婚約/マムルーク朝への使者派遣/オルドの諸事件/アゼルバイジャン大地震/キルマーン・カラヒタイ朝の滅亡/オルド宮廷の諸事件と王子アブー・サイードの誕生
 705年の出来事/夏営と冬営/スルターニーヤの建設/マムルーク朝からの使者の帰還/オルドの移動:マラーガ,ムーガーンとアッラーン/王子チンボラト・ヌールの死/王子タイフールの誕生/オルドの諸事件/ナジーブ・アッダウラの改宗/オルドの諸事件/アラー・アッダウラ・スィムナーニーのオルド参内/サアド・アッディーン・ハバシーの死/オルドの諸事件
 706年の出来事/ウージャーン滞在/諸事件/シャンブのガザン廟参詣/諸事件/チャガタイ・ウルス君主ドワの死の報/クヒスターン地方の占領/カイド一門の王子らの投降/『集史』の献呈/ギーラーン遠征の契機/ギーラーン地誌/ギーラーン地誌の一覧/ギーラーン遠征
 707年の出来事/夏営と冬営/ギーラーン遠征の戦後処理/アミール・エセンクトルグのハマダーン視察/オルドの諸事件/タブリーズの物価高/タージュ・アッディーン・カズウィーニーの死/ファフル・アッディーン・ハサンの死/アスィール・アッディーン・トゥースィーの息子たちの死/シャムス・アッディーン・ウバイディーの死/ニザーム・アッディーンの大法官就任/ムーサーによる救世主運動/アミール・ボラルギとアルメニア王の戦い/チャハールタークでの落雷
 708年の出来事/夏営と冬営/諸事件/オルドの移動:マラーガ,タブリーズ,ガーウバーリー/トゥースィー一門に対する謀略/マムルーク朝との共謀の嫌疑/バーヤズィードの死/ハーフの悪徳法官の死/サイイド・アブハリーの夢
 709年の出来事/夏営と冬営/バグダード軍政官ウザイナの死/王子ビスタームの死/マダーインのフスラウのイーワーン訪問/サーワジーのアスィール・アッディーンに対する謀略/オルドの移動とこの年の死亡記事/偉大なるブルガン・ハトンの死/オルジェイトゥのシーア派改宗/タージュ・アッディーン・アリーシャーの慈善行為とオルジェイトゥの貨幣改革
 710年の出来事/夏営と冬営/バグダードの隊商宿の火事/オルドの諸事件/イルビル城塞の攻略/タブリーズとラシード区における灌漑事業/ジャマール・アッディーン・サワーミリーの死/クトゥブ・アッディーン・シーラーズィーの死
 711年の出来事/夏営と冬営/サアド・アッディーン・サーワジーの失脚と処刑/タージュ・アッディーン・アーワジーらの処刑/バグダードのハンバル学派による騒乱/スルターナーバードの建設/アリーシャーのワズィール就任
 712年の出来事/夏営と冬営/スルターニーヤの市場の火事/アミール・チョバンの到着/イッズ・アッディーン・クーハキー,アリーシャーの副官に就任/マムルーク朝からの亡命者たち/マムルーク朝君主ナースィルとマムルークたちの対立/オルジェイトゥにシリア侵攻/オルジェイトゥのバグダード帰還と体調悪化/イスマーイール派暗殺者、バグダードに現る/ジョチ・ウルスからの使者の到来/ジョチ・ウルス君主ウズベクの即位/マムルーク朝君主によるイスマーイール派暗殺者の派遣/オルドの移動:スルターニーヤ,ハマダーン/ボラト丞相の死/チャガタイ・ウルスにおける内乱とエセンブカの即位/ルームにおける王子クルムシらの粛清
 713年の出来事/夏営と冬営/オルドの移動:チャムチマール,スルターニーヤ/イッズ・アッディーン・カーシーの死/オルドの諸事件/チャガタイ・ウルスとイル・ハン国/オルドの移動:スルターニーヤ,ニームムルダーン/オルドの諸事件/チャガタイ・ウルス軍の侵攻/王国のヤサミシの実施/イッズ・アッディーン・サワーミリーの逃亡とファールス統治問題/ペルシア湾におけるキーシュ島とホルムズ/チャガタイ・ウルス軍の侵攻と撤退
 714年の出来事/夏営と冬営/ジョチ・ウルスからの使者の到来/ホラーサーン・ハトンの死/フマーム・アッディーン・タブリーズィーの死/ジョチ・ウルス使者のためのトイの開催/マジュド・アッディーン・アミーラーンの死/イスマーイール派暗殺者のアミール・アクソンコル暗殺未遂/オルドの諸事件/イッズ・アッディーン・アブハリーの死/オルドの諸事件/シャムス・アッディーン・ダームガーニーの死/ガシュト統治者ドゥッバージュの死/ルームにおけるカラマンの叛乱/マムルーク朝のマラトヤ遠征
 715年の出来事/夏営と冬営/王子バーバー・オグルのホラズム侵攻/ザイン・アッディーン・クドゥスィーの登用/アリーシャーとアミール・トクマクの対立/オルドの移動と王子アブー・サイードのホラーサーン任命/スィーラーフル地方の豪雨と大地震/デリーのハルジー朝君主アラー・アッディーンの死/インド地方の素晴らしさ/インドの諸地域の地誌/マアバルとその支配者/デリーとその周辺地域の地誌/モンゴル帝国時代のデリー・スルターン朝の歴史/アリーシャーとラシードの対立/タブリーズでの荒唐無稽な話/ルクン・アッディーン・アスタラーバーディーの死/カマール・アッディーン・マウスィリーの死/アスィール・アッディーン・トゥースィーの死/ナジーブ・アッダウラの死
 716年の出来事/夏営と冬営/オルドの移動:ガーウバーリー,アルダビール,スルターニーヤ/遊牧アラブのアミール・イーサー・ブン・ムハンナ―の来訪/メッカのシャリーフ・フマイダーのイル・ハン国亡命/アミール・アクソンコルのシリア逃亡未遂/チャガタイ・ウルスと、元朝およびイル・ハン国との対立/ニザーム・アッディーン・アブド・アルマリクの死/ニザーム・アッディーン・シャイバーニーの死/オルジェイトゥの死/チャガタイ・ウルスのアミール、大イスールの子チェンシの死
跋文
 オルジェイトゥの美徳/1番目の佳話/2番目の佳話/3番目の佳話/4番目の佳話/5番目の佳話/6番目の佳話/7番目の佳話/8番目の佳話/9番目の佳話/10番目の佳話/11番目の佳話/12番目の佳話/13番目の佳話/14番目の佳話/書写の記録
頌詩

資料
付録1 註で参照した主要史料の一覧
付録2 『オルジェイトゥ史』で使用されている暦における月名と十二支の片仮名表記
付録3 『オルジェイトゥ史』に登場するテュルク・モンゴル語語彙
付録4 『オルジェイトゥ史』関係モンゴル王族略系図

参考文献
訳者あとがき
図版一覧
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。