大学出版部協会

 

世俗の時代 下

世俗の時代 下 A Secular Age

A5判 502ページ 上製
定価:8,000円+税
ISBN978-4-8158-0989-8 C3010
奥付の初版発行年月:2020年06月 / 発売日:2020年06月中旬

内容紹介

ノヴァ・エフェクト後の哲学──。現代人が陥った精神的苦境の根本にあるものとは何か。「生きる意味」や「自分らしさ」の探求、スピリチュアルなものの流行は、「世俗化」といかに関係するのか。壮大な歴史的展望のもとに宗教・思想・哲学の曲折に満ちた展開を描き出す記念碑的大著、ついに邦訳。

著者プロフィール

チャールズ・テイラー(チャールズ テイラー)

Charles Taylor
1931年、カナダ生まれ。オックスフォード大学にて博士号(哲学)取得。マギル大学などで教鞭をとり、現在、同大学名誉教授。政治哲学をはじめ、自己論・道徳論・言語論・宗教論などの分野において研究を積み重ねてきた哲学者であり、テンプルトン賞、京都賞などを受賞。本書『世俗の時代』(2007年)は、『ヘーゲル』(1975年)、『自我の源泉』(1989年)に続く第三の主著として位置づけられる。ほかの著作に、『今日の宗教の諸相』(2002年)、『実在論を立て直す』(共著、2015年)など。

千葉 眞(チバ シン)

1949年生まれ。プリンストン神学大学にてPh.D.(政治倫理学)取得。国際基督
教大学教養学部教授・特任教授を経て、現在、同大学名誉教授、平和研究所顧問。
著訳書 『現代プロテスタンティズムの政治思想』(新教出版社、1988年)
    『ラディカル・デモクラシーの地平』(新評論、1995年)
    『アーレントと現代』(岩波書店、1996年)
    『デモクラシー』(岩波書店、2000年)
    『「未完の革命」としての平和憲法』(岩波書店、2009年)
    『連邦主義とコスモポリタニズム』(風行社、2014年)
    アーレント『アウグスティヌスの愛の概念』(訳、みすず書房、2002年)
    ラクラウ/ムフ『民主主義の革命』(共訳、ちくま学芸文庫、2012年)他

石川 涼子(イシカワ リョウコ)

立命館大学国際教育推進機構准教授

梅川 佳子(ウメカワ ヨシコ)

中部大学人文学部講師

高田 宏史(タカダ ヒロフミ)

岡山大学大学院教育学研究科准教授

坪光 生雄(ツボコ イクオ)

一橋大学大学院社会学研究科特任講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

凡 例

第IV部 世俗化の物語

第12章 動員の時代
第13章 本来性の時代
第14章 今日の宗教

第V部 信仰の条件

第15章 内在的枠組み
第16章 交差圧力
第17章 ディレンマ1
第18章 ディレンマ2
第19章 近代の不穏な前線
第20章 回 心

エピローグ 数多くの物語

訳者あとがき

索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。