大学出版部協会

 

 北極探検とヴィクトリア朝文化極北の迷宮

極北の迷宮 北極探検とヴィクトリア朝文化

四六判 368ページ 上製
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-8158-0395-7(4-8158-0395-1) C3090
奥付の初版発行年月:2000年11月

内容紹介

19世紀、近代的な装備の下、英国は北極探検をリードした。本書は、従来極地を舞台とした栄光と挫折の物語として探検史の文脈でしか語られることのなかった或る失踪事件を、新たに社会的想像力の問題として捉え直すことによって、ヴィクトリア朝の文化と文明意識を鮮やかに描き出す。


目次

はじめに
序 章 “北極ヒーロー”の時代-探検とジェントルマン-
第1章 そして、船は出ていく-科学とオプティミズム-
第2章 極北のラビリンス-ジャーナリズムと透視術-
第3章 幕 間-パノラマニアの北極-
第4章 “ケトルの中身”-ディケンズとカニバリズム-
第5章 フランクリンの運命-英雄崇拝と文学-
第6章 “事を図るは人、成否を決するは神”-北極絵画と記念碑-
終 章 フランクリン・シンドローム-ヴィクトリア朝の文明意識-


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。