大学出版部協会

 

 異色の官僚が構想した、もう一つの明治日本「民」を重んじた思想家 神田孝平

「民」を重んじた思想家 神田孝平 異色の官僚が構想した、もう一つの明治日本

A5判 310ページ 上製
価格:5,940円 (消費税:540円)
ISBN978-4-7985-0334-9 C3021
奥付の初版発行年月:2022年07月 / 発売日:2022年07月中旬

内容紹介

幕末から明治初期にかけて思想家・官僚として活躍し、大久保利通や木戸孝充にも注目されながら、いまや忘れられた人物となりつつある神田孝平。彼は民衆を「愚民」と捉える当時の思想とは一線を画し、彼らを政治・経済の担い手と位置づけた。官僚、思想家としての活動に焦点を当て、彼の埋もれた業績を掘り起こし、その歴史的・現代的意義を明らかにする。  

著者プロフィール

南森 茂太(ミナミモリ シゲタ)

長崎大学経済学部准教授
1977年 奈良県宇陀郡(現宇陀市)生まれ
2014年 関西学院大学経済学研究科博士課程後期課程修了
2017年より現職

著書:『今と昔の長崎に遊ぶ』(共著、九州大学出版会、2021年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 明治初期の思想史研究における神田孝平の位置づけ
第一章 神田孝平の経歴 ―出自と修学過程を中心にー
第二章 神田孝平における「人民」
第三章 『農商弁』における「商」の「利」 ―税制改革論を中心に―
第四章 幕末・明治初期の政治情勢と神田孝平の政治思想
第五章 明治初期における神田孝平の税制・財政改革案
第六章 神田孝平の兵庫県政 ―地方制度改革と「民会」開設を中心に―
第七章 神田孝平「貨幣四録」の執筆・公表の目的
第八章 木戸孝允と神田孝平における「官」と「民(みん)」
     ―新聞とのかかわりと政治観とを中心に―
終 章 神田孝平が描いた明治日本


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。