大学出版部協会

 

 近世美術における様式発展の問題美術史の基礎概念

美術史の基礎概念 近世美術における様式発展の問題

B7 470ページ 上製
価格:11,000円 (消費税:1,000円)
ISBN978-4-7664-0816-4(4-7664-0816-0) C3071
奥付の初版発行年月:2000年08月 / 発売日:2000年08月上旬

内容紹介

西欧の盛期ルネサンスとバロックの美術を対象に、様式の発展に注目し、形式分析=フォーマリズムの方法論を打ち立てた名著。美術史の深層をなす視覚の発展史であり、古典となった名著の完全新訳。


ハインリヒ・ヴェルフリン(Heinrich Wolfflin)
1864年、スイス・ヴィンタートゥールで生まれる。学生時代(1882−86)は哲学専攻。バーゼル(1893−)、ベルリン(1901−)、ミュンヘン(1912−)、チューリヒ(1924−34)の各大学美術史教授。1945年、チューリヒで没。主著に『ルネサンスとバロック』(1888)、『古典美術』(1899)、『美術史の基礎概念』(1915)、『美術史論考』(1940)、没後に、『ブルクハルトとヴェルフリン往復書簡』(1948)などがある。

海津忠雄(かいづ ただお)
1930年、東京で生まれる。1955年、慶應義塾大学文学部卒業。60年、同大大学院博士課程修了。美学・西洋美術史専攻。1965−66年バーゼル大学に留学。慶應義塾大学名誉教授、東亜大学大学院教授。文学博士。著書として、『ホルバイン 死の舞踏』(新版1991)、『ホルバイン』(1974)、『肖像画のイコノロジー エラスムスの肖像の研究』(1987)、訳書としてガントナー『ロダンとミケランジェロ』などがある。

目次

序論
第一章 線的なものと絵画的なもの
第二章 平面と深奥
第三章 閉じられた形式と開かれた形式——構築的と非構築的
第四章 多数性と統一性——多数的統一性と単一的統一性
第五章 明瞭性と不明瞭性——無条件の明瞭性と条件つき明瞭性
まとめ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。