大学出版部協会

 

能面乃彩色

能面乃彩色

A4判 156ページ 上製
価格:20,900円 (消費税:1,900円)
ISBN978-4-472-40245-6(4-472-40245-9) C0074
奥付の初版発行年月:2000年12月

内容紹介

演能時の心の表現をこめる必要があるため、彩色による仕上げが決定的要素を持っている能面。このため、室町・桃山・江戸時代と時々の面打は、工夫を重ねながら舞台におけるよりよき表現と自らの独自性を追求してきた。本書は面打ち35年、緻密な彩色で知られる作者の観察力と技法を2年余にわたり追跡収録した待望の書。


目次

能面私見(工藤工人)/能面の彩色(中西通)/彩色のための用具/十六/古元休出目満永作/三日月/河内井関家重作/三光尉/近江児玉満昌作/増髪 洞白出目満喬作/龍女/伝日永作/橋姫/宮田筑後作/釣眼/是閑出目吉満作/顰/友閑出目満庸作/般若 洞白出目満喬作/古面の解説(中西通)/写真撮影を終えて(齋藤雄致)/あとがき(高津紘一)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。