大学出版部協会

 

 開封・杭州・京都・江戸描かれた都

描かれた都 開封・杭州・京都・江戸

B5判 168ページ
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-13-083063-8 C1070
奥付の初版発行年月:2013年10月

内容紹介

中世から近世における中・日の4つのメトロポリス,開封,杭州,京都,江戸.時代の中心をなす文化の発信地としての首都のイメージは,描かれることにより増幅され,再生産されていく.絵画が時空を超え,相互に影響しあって成立していく過程を体感する.カラー図版120頁.


目次

はじめに(大倉集古館)
序 描かれた都——現実と憧憬(板倉聖哲)
第一部 北宋の都,開封——水辺の都市の変容,蘇州へ
第二部 南宋の都,杭州——憧憬の西湖
第三部 京都——花洛尽くしの世界
第四部 江戸——新たな東都,現代へ
作品解説
小論(伊原 弘,板倉聖哲,佐藤康宏)
作品目録


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。