大学出版部協会

 

 比較文明史的考察暴力

暴力 比較文明史的考察

A5判 336ページ
価格:5,060円 (消費税:460円)
ISBN978-4-13-020139-1(4-13-020139-5) C302
奥付の初版発行年月:2005年01月

内容紹介

揺らぐ近代主権国家とその国際システムの状況下,国家が吸収し得ない・しない暴力が噴出している.西洋・日本・中国・イスラーム・アフリカ,そして国際社会を対象として,その歴史的・現代的様相を描き出した本書は,現代世界に多くの示唆を与えるものである.


目次

序 論(山内進)
第1章 暴力とその規制:西洋文明(山内進)
第2章 フェーデと近世国家:ヨーロッパ中近世転換期(皆川卓)
第3章 武士と秩序:武家法(新田一郎)
第4章 自力救済とその規制:喧嘩両成敗法(河野恵一)
第5章 紛争と司法:現代中国(高見澤磨)
第6章 文明化と暴力:アラブ世界(加藤博)
第7章 略奪と責任:イスラーム法(柳橋博之)
第8章 紛争と権力:現代アフリカ(栗本英世)
第9章 国際紛争と公権力:国連安全保障理事会(佐藤哲夫)
参考文献
座談会 暴力の比較文明史


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。