大学出版部協会

 

 そして居合わせた他者・過去とともにある私へ認められたい欲望と過剰な自分語り

認められたい欲望と過剰な自分語り そして居合わせた他者・過去とともにある私へ

四六判 312ページ
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-13-010121-9 C3010
奥付の初版発行年月:2011年02月

内容紹介

他者を失い,データベース化する自己,自閉する自分語り….いま,また別様に〈わたし〉を語ることとは,他者との共存,過去の救済とは,どう可能か.気鋭の著者が,戦後教育学,日中関係,台湾のフィールドワーク,アニメ,現代思想をも縦横に論じ,教育ということの可能性を考える.


目次

はじめに 〈わたし〉を生成する学びへ
I 生成する〈わたし〉
1章 〈外部〉の終焉と共身体的自我へ
2章 回帰的な自分と教育の可能性
3章 過去の架橋と生成する〈わたし〉
II 語る〈わたし〉
4章 過去からの救済と語ること
5章 〈いま〉語る〈わたし〉
他者とのあいだに立ち上がる共感的身体——植民地台湾からみる
(1) 当事者の語る歴史を聞き取るということ
(2) 植民地台湾の教育と生活
(3) 「光復」後の社会と生活および教育
(4) 戒厳令解除以降の社会と次の世代
(5) 語り手は何を語ろうとしたのか
おわりに 過去への寛容を導くもの


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。