大学出版部協会

 

教師論

教師論

A5判 248ページ
定価:1,900円+税
ISBN978-4-901631-45-7(4-901631-45-4) C3037
奥付の初版発行年月:2002年04月

内容紹介

思い出す先生のこと
学校の教員とはいかなるものか。教師の役割を歴史の文脈で検討したうえで,いろいろな学校における美術の教師のあり方について,実際の教育にたずさわっている執筆者から提言する。


目次

まえがき=高橋陽一
I 教師の役割と歴史
第1章 
現代の教員養成のあり方と武蔵野美術大学=高橋陽一
第2章 
近代日本における教員養成の展開=山田恵吾
第3章 欧米における教員養成の歩み=勝野正章
ヨーロッパにおける民衆教育の拡大と教員養成のはじまり/アメリカ合衆国におけるハイスクール教員養成の研究
第4章 教員の服務=谷雅泰
第5章 教員の資格と任用=谷雅泰
II 美術の教師
第1章 小学校の図工専科教諭=清野義光
第2章 中学校の美術教諭=臼井香里
第3章 高等学校の美術教諭=佐藤清親
第4章 コース制高等学校の美術教諭=町田法生
第5章 中等教育学校の美術教諭=大坪圭輔
第6章 養護学校の美術教諭=水野聰
第7章 こどもの城の指導員=有福一昭


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。