大学出版部協会

 

経済政策形成の論理と現実

経済政策形成の論理と現実

A5判 394ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-88125-350-2 C3033
奥付の初版発行年月:2020年04月 / 発売日:2020年04月下旬

内容紹介

本書の目的は特定の経済政策の有効性の考察ではない。経済政策が実現、成功、あるいは失敗するメカニズムを理論的および実証的に解明することである。


目次

第Ⅰ部 政策形成の論理――経済政策はどのように生み出されるのか
 第1章 経済政策形成の専門的文脈と社会的文脈
 第2章 政策形成における既得権益と観念――「社会的認識モデル」によるその統合
 第3章 経済政策論の中核と防備帯――政策生成プログラムとは何か
 第4章 政策プログラムとしての古典的自由主義とケインズ主義

第Ⅱ部 経済政策の現実――社会はどのように選択を誤るのか
 第5章 貿易をめぐる空虚な争い――1980~90年代日米経済摩擦の批判的回顧
 第6章 経済学と「国際競争主義」との対立――1960年代日本と1980~90年代アメリカ
 第7章 デフレをめぐる政策思潮の対立――昭和恐慌と平成大停滞の経験から

第Ⅲ部 ケインズ主義の政策戦略とその変遷
 第8章 世界経済危機からみたマクロ経済学の現状
 第9章 巨大な不況に対するケインズ主義の新たな対応
 第10章 ケインズ主義はどのように変わっていったのか――ケインズ主義IからIIへ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。