大学出版部協会

 

 アリババ社のTmallサイトのユーザーを対象に中国消費者のネットショッピング行動

中国消費者のネットショッピング行動 アリババ社のTmallサイトのユーザーを対象に

A5判 316ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-88125-346-5 C3034
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年03月上旬

内容紹介

情報システム分野の諸理論を用い、中国消費者が小売B2C・ECサイトを利用する際の心理的メカニズムを明らかにする。

著者プロフィール

陳 浩博(チン ホウボ)

2011年6月、東南大学成賢学院(中国)経済管理学院電子商取引専攻卒業。学士(経営学)。
2015年3月、専修大学大学院経営学研究科経営学専攻修士課程修了。修士(経営学)。
2018年4月~2019年3月、専修大学大学院経営学研究科任期制助手。
2019年3月、専修大学大学院経営学研究科経営学専攻博士課程修了。博士(経営学)。
2019年9月、金陵科技学院(中国)商学部講師。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章
 1. 研究背景
 2. 問題意識と研究目的
 3. 論文の構成

第1章 小売B2C電子商取引における歴史的変遷
 1. 電子商取引の定義
 2. 電子商取引の発展に関する主要因
 3. 電子商取引のフレームワーク
 4. 小売B2C電子商取引の歴史
 5. 中国における小売B2C電子商取引の歴史
 6. 小括

第2章 組織マネジメントの視点から小売B2C・ECサイトの事業展開
 1. プロセス仮想化理論
 2. D&M情報システム成功モデル
 3. 資源ベース理論
 4. 技術-組織-環境フレームワーク
 5. 企業によるB2C・ECサイトの展開について―アリババ社の事例を中心に
 6. 小括

第3章 消費者によるB2C・ECサイトの採択行動に関するメタ分析
 1. 技術受容性に関する理論的背景
 2. 取引不確実性に関する理論的背景
 3. データ分析のプロセス
 4. 結論
 5. 小括

第4章 統合された技術受容理論とB2C・ECサイトの採択
 1. 計画的行動モデル(Theory of Planned Behavior:TPB)
 2. PC使用モデル(Model of PC Utilization:MPCU
 3. イノベーション普及理論(Innovation Diffusion Theory:IDT)
 4. 動機づけモデル(Motivational Model:MM)
 5. 社会的認知理論(Social Cognitive Theory:SCT)
 6. 統合された技術受容理論(Unified Theory of Acceptance and Use of Technology:UTAUT)
 7. 統合された技術受容理論の拡張モデル―UTAUT2モデル
 8. 統合された技術受容理論と消費者によるB2C・ECサイトの採択行動に関する仮説
 9. 仮説の検証
 10. 小括

第5章 文化と中国の消費者によるB2C・ECサイトの採択
 1. 文化の定義と捉え方
 2. 国の文化に関する先行研究
 3. 消費者の国の文化とB2C・ECサイトの採択に関する仮説
 4. 仮説の検証
 5. 結論
 6. 小括

終章
 1. 本論における研究成果
 2. 本論による学術的・実践的貢献
 3. 本論の限界及び今後の課題

参考文献
附表
謝辞


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。