大学出版部協会

 

 模範事業会社法の改正の経緯を中心にアメリカ会社法における株主の会社情報の収集権

アメリカ会社法における株主の会社情報の収集権 模範事業会社法の改正の経緯を中心に

A5判 360ページ 上製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-88125-336-6 C3032
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月下旬
発行:専修大学出版局  
発売:専修大学出版局
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

近時議論が活発になっている株主の会社情報の収集権に関する諸問題につき、アメリカ会社法との比較を通して検討する。
この検討はアメリカの模範事業会社法を中心に、現在の制度に至るまでの歴史的展開を明らかにし、わが国の検討課題に対して有益な示唆を得ようとするものである。

著者プロフィール

澤山 裕文(サワヤマ ヒロフミ)

1986年 北海道に生まれる。2009年 札幌学院大学法学部法律学科 卒業。2011年 札幌学院大学大学院法学研究科修士課程法学専攻 修了。2017年 専修大学大学院任期制助手(法学研究科)。2019年 専修大学大学院法学研究科博士後期課程民事法学専攻 修了。博士(法学)。2019年 専修大学法学部助教。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章

第1章 アメリカ会社法における会社情報の収集権の歴史的沿革
 第1節 アメリカ会社法における株主による会社情報の収集権の意義等
 第2節 アメリカのコモン・ローにおける会社情報の収集権の発展
 第3節 初期の制定法における株主の会社情報の収集権
 第4節 コモン・ローと制定法との関係

第2章 1928年の統一事業会社法と株主の会社情報の収集権
 第1節 統一事業会社法の公表
 第2節 統一事業会社法における株主の会社情報の収集権の意義等
 第3節 統一事業会社法と1920年代以降の州会社法との関係

第3章 1950年の模範事業会社法の公表と株主の会社情報の収集権
 第1節 模範事業会社法の公表とその影響
 第2節 模範事業会社法における株主の会社情報の収集権
 第3節 株主への財務諸表の送付
 第4節 模範事業会社法の全体的な各州の採用に関する状況

第4章 1969年改正模範事業会社法と株主の会社情報の収集権
 第1節 模範事業会社法の1969年改正の経緯
 第2節 1969年改正模範事業会社法の意義と株主権等との関係
 第3節 1969年改正模範事業会社法における株主の会社情報の収集権
 第4節 改正法上の会社情報の収集権に係る諸問題

第5章 1970年代における株主の会社情報の収集権に関する諸問題
 第1節 模範事業会社法の1969年改正の意義と問題点
 第2節 1972年のWood, Walker & Co. v. Evans事件の検討
 第3節 模範事業会社法上の会社情報の収集権に関する問題点
 第4節 模範事業会社法の1970年代後半の動向

第6章 1984年改正模範事業会社法と株主の会社情報の収集権
 第1節 1984年改正模範事業会社法の意義と内容
 第2節 1984年改正模範事業会社法における株主の会社情報の収集権
 第3節 改正法の会社情報の収集権に関する規定の特徴
 第4節 株主への財務諸表の送付との関係

第7章 1990年代以降の模範事業会社法の展開と株主の会社情報の収集権
 第1節 1990年代の企業法制の動向と模範事業会社法
 第2節 1998年改正模範事業会社法と株主の会社情報の収集権
 第3節 2010年改正模範事業会社法等と株主の会社情報の収集権
 第4節 各州会社法の採用状況

第8章 模範事業会社法の2016年改正と主な州会社法との関係
 第1節 模範事業会社法の2016年改正の意義と株主の会社情報の収集権
 第2節 デラウェア州会社法
 第3節 ニューヨーク州会社法
 第4節 カリフォルニア州会社法

第9章 わが国における株主の会社情報の収集権とその問題点
 第1節 会社情報の収集権の意義とその沿革等
 第2節 会社情報の収集権の沿革
 第3節 会社情報の収集権の行使等を巡る判例の動向
 第4節 株主による会社情報の収集権に関する諸問題

終章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。