大学出版部協会

 

 「社会的周縁」を見る眼と「民衆文化」の擁護者としてピーテル=ブリューゲル像の再構築

ピーテル=ブリューゲル像の再構築 「社会的周縁」を見る眼と「民衆文化」の擁護者として

A5判 234ページ 上製
定価:3,200円+税
ISBN978-4-88125-335-9 C3071
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年03月中旬
発行:専修大学出版局  
発売:専修大学出版局
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

ブリューゲルの「社会的周縁」のものたちへの視座、「民衆文化」の擁護者としての側面を歴史学的手法を用いて分析し、新たなピーテル=ブリューゲル像を構築する。


目次

まえがき

問題の所在

第1章 ピーテル=ブリューゲルの生涯と作品
 第1節 その生涯
 第2節 ブリューゲルに関する先行研究とその問題
 第3節 ネーデルラント全体史の理解

第2章 図像史料を読むうえでの方法論
 第1節 美術史的方法論の成果と「限界」
 第2節 アナール学派の成果と図像史料―文字史料以外の利用可能性―
 第3節 「エリート文化」と「民衆文化」―分離と再発見―
 第4節 歴史学における図像史料論―ピエール=ノラの「記憶の場」を中心に―

第3章 農民、農村描写におけるブリューゲル像の再構築
 第1節 社会的結合関係(ソシアビリテ)―ブリューゲルの農村世界描写に見られる二重構造―
 第2節 同時代的視点の再構成―「名誉」に関わる「暴力」の描写について―
 第3節 農村世界の「記憶の場」―ブリューゲル作品に見られる祭り描写―

第4章 「社会的周縁」を見る眼とブリューゲル
 第1節 施しと救済―中近世ヨーロッパにおける「社会的周縁」のものたち―
 第2節 共存の視座―図像史料≪盲人の寓話≫と≪足なえたち≫を中心に―
 第3節 「記憶の場」にあらわれた「社会的周縁」―ブリューゲル2世の作品を用いて―

第5章 歴史学的見地から見たブリューゲル像の再評価
     ―ブリューゲルの前後の時代における絵画作品の変容―
 第1節 分離と再発見のはざま―ブリューゲルの再評価―
 第2節 失われる「民衆文化」、発見される「民衆文化」―農村描写と「社会的周縁」の描かれ方の変容―
 第3節 ブリューゲル作品の位置づけの再検討

おわりに

参考文献
図表一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。