大学出版部協会

 

 中国電子産業の発展東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化

東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化 中国電子産業の発展

湯 進:著
A5判 240ページ 上製
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-88125-212-3 C3033
奥付の初版発行年月:2009年01月 / 発売日:2009年01月下旬

内容紹介

後発国のキャッチアップ工業化論を軸に、その実態を明らかにし、適応するイノベーション戦略を明示する。また中国電子産業のプロセスを中心に検証して、後発国の産業発展モデルの必要性と新たな動きを探る。

著者プロフィール

湯 進(タン ジン(Tang Jin))

1976年 中国安徽省生まれ 専修大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士)。
[現職]みずほ銀行国際営業部,専修大学社会知性開発研究センター客員研究員
専修大学社会知性開発研究センター助手,専修大学社会科学研究所所員を経て2008年より現職。
[専攻]アジア経済論,中国産業経済論。
[主な著作]「挑戦する中国中部地域の経済―安徽の経済勃興」『中国経済』No. 499日本貿易振興機構,2007。「キャッチアップと産業発展―中国電子産業の成長分析」『社会科学年報』専修大学社会科学研究所,公人社,2007。「中国模具工業如何進行昇級和赶超日本」『模具製造』深圳市生産力中心,2007年第三期。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
序 章
第Ⅰ部 「二段階キャッチアップ工業化」―新パラダイムの提唱
第1章 後発国工業化の理論的フレームワーク
第2章 産業集積,イノベーションと後発国のキャッチアップ工業化

第Ⅱ部 東アジアにおける二段階キャッチアップ工業化
第3章 東アジア電子産業のキャッチアップ
第4章 急成長する中国電子産業―第1次キャッチアップ
第5章 企業の所有構造、人的資源管理、コア技術
    ―第2次キャッチアップに向けての条件
第6章 第2次キャッチアップの準備段階へ移行する中国電子産業
    ―中国液晶産業の成長
第7章 第2次キャッチアップに向けて
    ―イノベーションシステムの構築と技術型中小企業の育成
終章  「二段階キャッチアップ工業化」と中国の産業発展―結びにかえて


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。