大学出版部協会

 

 企業成長の組織的課題日本企業の組織行動研究

日本企業の組織行動研究 企業成長の組織的課題 Organization action research of Japanese firm : systematic problem of firm growth

孟 勇:著
A5判 242ページ 上製
価格:3,740円 (消費税:340円)
ISBN978-4-88125-189-8 C3034
奥付の初版発行年月:2007年02月

内容紹介

戦後の日本企業の成長過程と現在の課題について、ペンローズ理論に基づいて分析し、企業成長の枠組を提示する。さらに競争戦略理論の観点から、日本的企業システムの多元性と組織的特質を解明する。

著者プロフィール

孟 勇(モウ ユウ(Meng Yong))

1966年 中国上海生まれ
1992年10月 来日
1998年 専修大学経済学部経済学科卒業
2006年 専修大学大学院博士課程修了 博士(経済学)
現在 横浜国立大学VBL講師/中核的研究機関研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章
第1章 日本企業の成長
 第1節 企業成長の市場環境
 第2節 成長市場への環境適応
 第3節 新製品・新技術と新市場の創出
第2章 企業成長の本質(ペンローズ理論の展開)
 第1節 企業成長の理論
 第2節 企業成長のパターン
第3章 戦略と企業成長
 第1節 戦略のアプローチ
 第2節 戦略アプローチと競争力
 第3節 戦略の特徴
 第4節 企業者気質と戦略
第4章 企業者・経営者と制度
 第1節 経営者と企業制度
 第2節 日本のコーポレート・ガバナンス制度の特徴
 第3節 日本のコーポレート・ガバナンス制度の機能
第5章 経営者用役と企業成長
 第1節 企業組織の課題
 第2節 企業の組織形態と効率性
第6章 用役の形成と企業成長
 第1節 経営能力と生産者用役
 第2節 従業員能力の形成と雇用制度
 第3節 日本企業の雇用制度
第7章 企業成長の変化と原因
 第1節 企業のパフォーマンスの変化
 第2節 市場と技術条件の変化
 第3節 日本企業の新たな成長課題
結び


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。