大学出版部協会

 

 「三批判書」を中心にカントと二つの視点

カントと二つの視点 「三批判書」を中心に

四六判 132ページ 並製
価格:1,257円 (消費税:114円)
ISBN978-4-88125-162-1(4-88125-162-7) C3012
奥付の初版発行年月:2005年07月

内容紹介

カント哲学体系の中核をなすとみられる「三批判書」を中心に、「哲学者」と「観察者」の二つの視点から、カントの全体像を見直していく。特に「美」と「崇高」という概念を問題化しながら、カント独自の「調停方法」を考察して、この方法が観察者の視点をも貫いているかどうか明らかにする。

著者プロフィール

菊地 健三(キクチ ケンゾウ)

1946年 秋田県生まれ
1981年 専修大学大学院博士後期課程修了,同大学専任講師
1990年 同大学教授
主な著作
『ジル・ドゥルーズの試み』(共著)北樹出版。
訳書
『性差についてのカントの見解』U. P. ヤウヒ著,専修大学出版局,2004年。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


第1章 「哲学者」と「観察者」
第2章 「哲学者=カント」の調停方法─二つの「批判」から「形而上学」へ
第3章 「観察者=カント」と「婚姻」をめぐる問題点
第4章 『判断力批判』─カント体系の最終的総合
結び  「人類」と「性差」の問題点


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。