大学出版部協会

 

 集団疎開六十年母と子と戦争と

母と子と戦争と 集団疎開六十年

四六判 192ページ 上製
価格:1,650円 (消費税:150円)
ISBN978-4-88125-152-2(4-88125-152-X) C1021
奥付の初版発行年月:2004年07月

内容紹介

一人の疎開児と家族との心情あふれる往復書簡、日記帳をもとに、太平洋戦争期の或る家族の光景が鮮明に蘇る。特に母が子を思い、子が母を慕う心理、戦時中の情景は秀逸に描かれている。

著者プロフィール

小川 由李(オガワ ユリ)

1904年生まれ.東京女子師範卒,戦前は根津・汐見小学校,戦後は盈進・啓明・宝仙小学校,のち,かしの木・錦秋幼稚園と,教育現場で58年働く.1998年没.

小川 壽夫(オガワ ヒサオ)

1934年生まれ.東京大学文学部社会学会卒.岩波書店編集部で38年働く.現在,専修大学文学部講師(出版論).

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

疎開まで
疎開だより ― ひさおから
疎開だより ― 家族から
ひさおの「日記帳」
母の書き遺したもの


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。