大学出版部協会

 

 共生の倫理との矛盾近代日本の仏教家と戦争

近代日本の仏教家と戦争 共生の倫理との矛盾

四六判 320ページ 並製
価格:3,080円 (消費税:280円)
ISBN978-4-88125-132-4(4-88125-132-5) C1030
奥付の初版発行年月:2002年07月

内容紹介

第二次大戦前後の著名な仏教家の思想的・政治的言説と、戦争に対する責任の取り方を検証する。椎尾弁匡の共生思想、伊藤證信・西田天香の思想、大谷光瑞や他の仏教家の政治的言説。

著者プロフィール

栄沢 幸二(エイザワ コウジ)

1935年生まれ。出身地、富山県。
東京教育大学(現筑波大学)文学部卒業、同大学大学院博士課程修了。
現在、専修大学法学部教授
『大正デモクラシー期の政治思想』研文出版,1981。『日本のファシズム』研文出版,1981。『大正デモクラシー期の教員の思想』研文出版,1990。『大正デモクラシー期の権力の思想』研文出版,1992。『大東亜共栄圏の思想』講談社,1995。『近代日本のナショナリズム』青山社,2001。その他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 近代日本の生かされる論理と倫理
第二章 椎尾弁匡の共生思想
第三章 伊藤證信の思想
第四章 西田天香の思想
第五章 大谷光瑞や他の仏教家の政治的言説


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。