大学出版部協会

 

 関西哲学会年報12アルケー2004

アルケー2004 関西哲学会年報12

A5判 210ページ
価格:1,650円 (消費税:150円)
ISBN978-4-87698-632-3(4-87698-632-0) C3010
奥付の初版発行年月:2004年06月 / 発売日:2004年06月下旬


目次

課題研究/個体と超越
内在的個体と個体の超越 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山形 頼洋
再考―個体と超越 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・酒井  潔
個体性の実存的次元 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嶺  秀樹

宇宙誌の文体―初期ギリシア哲学における言語と世界 ・・・・・・・内山 勝利
相互知識はいかにして可能か ・・・・・・・・・・・・・・・・・・入江 幸男
レヴィナスにおける「身代わり」の概念について
 ―レヴィナスとフッサールの時間論を手掛かりに ・・・・・・・・榊原 達也
クワインの実在論 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐々木 崇
ニーチェ晩年の諸著作における「逆転したプラトニズム」の意義 ・・溝口 隆一
ベルクソンにおける二つの多数性とその起源 ・・・・・・・・・・・三宅 岳史

特集1:カント
カントにおける神の問題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福谷  茂
自律とケアの間―「倫理学的転回」の中のカント哲学 ・・・・・・・加藤 泰史
批判の道の探究―自然の技術としての哲学の建築術 ・・・・・・・・望月 俊孝

特集2:ハイデガー
抵抗哲学、あるいはハイデガーの弁明 ・・・・・・・・・・・・・・古東 哲明
形式と存在
 ―初期ハイデガーの思惟における<形式的なもの>の意義について 有馬 善一
<物への問い>はいかにして可能か ・・・・・・・・・・・・・・・松本啓二朗


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。