大学出版部協会

 

 進化論と社会変異するダーウィニズム

変異するダーウィニズム 進化論と社会

A5判 664ページ
価格:5,720円 (消費税:520円)
ISBN978-4-87698-621-7(4-87698-621-5) C3030
奥付の初版発行年月:2003年11月 / 発売日:2003年10月中旬

内容紹介

ダーウィニズム=進化論の登場によって,人文・社会科学も大変革を迫られた.「進化」を導きの糸として,さまざまな領域で「新しい学問」が誕生した.その一世紀半の軌跡を,総合的に追究する論集.初期の概念をめぐる論争,社会学をはじめとする諸科学への影響,とりわけ優生学などを促進した課程をたどり,現代における最新到達点を示す.


目次

はしがき

ダーウィニズムと人文・社会科学                  阪上 孝
 一 ダーウィニズムと人文・社会科学 ――その二つの局面
 二 第一局面におけるダーウィニズム
 三 累積的変化の理論 ――ソースティン・ヴェブレン
 四 「文化進化論」

I 概念と論争

ダーウィンを消した女 ――クレマンス・ロワイエと仏訳『種の起源』 北垣 透
 一 知の広がりの諸様態
 二 『種の起源』の進化と変異
 三 翻訳のダイナミズムとポリティクス
 四 フェミニズムとレイシズムのあいだ
 五 一元論的唯物論
 六 ダーウィンの威光
カプセルのなかの科学 ――スペンサー=ヴァイスマン論争      小林 博行
 一 舞台と発端
 二 争点――三つのレベル
 三 基本的対立
 四 余波と副産物
「変質」と「解体」 ――精神医学と進化論             大東 祥孝
 一 変質論と進化論
 二 「解体」学説と進化論
 三 「変質」と「解体」の精神医学における進化論的意義
 四 ダーウィニズムと精神医学
親族研究に置ける進化概念の受容 ――進化から変容へ        田中 雅一
 一 進化から歴史へ
 二 類別的名称とは? ――ドラヴィダ型親族名称体系
 三 『人類の血族と婚姻の諸体系』の初稿
 四 進化主義の導入
 五 『古代社会』における家族と親族
 六 モーガン以後の親族研究 ――レヴィ=ストロースとニーダム
 七 進化を決定する要因 ――スリランカの漁村から

II 進化論から見た社会

闘争する社会 ――ルドヴィク・ダンプロヴィチの社会学大系     小山 哲
 一 「ファシズムへの予備工作」?
 二 ポーランド・ポジティヴィズムと進化論の受容
 三 グンプロヴィチのプロフィール
 四 グンプロヴィチの社会学大系 ――進化論との関連を中心に
 五 「ポーランドの土壌」から生まれたもの
『動物社会』と進化論 ――アルフレッド・エスピナスをめぐって   白鳥 義彦
 一 エスピナスの位置づけ
 二 エスピナスの経歴
 三 『動物社会』について
 四 社会学への道
 五 動物社会への視点
加藤弘之の進化学事始                       武田 時昌
 一 近代日本に置ける進化論の啓蒙活動
 二 バックル文明史観からダーウィン進化論へ
 三 人口論とダーウィン説
 四 人種論における進化説
 五 ドイツ進化主義者の影響
 六 加藤弘之の進化論理解
 七 『日本之開化』の進化学
 八 社会ダーウィニズムへの傾斜
 九 科学知識としての進化論
群体としての社会 ――丘浅次郎における「社会」の発見をめぐって  上野 成利
 一 丘浅次郎と「社会」の発見
 二 生存競争と適者生存 ――生物の進化
 三 団体生活と服従西神 ――人類の滅亡
 四 自然淘汰と人類改良 ――社会の進化
 五 生存競争と相互扶助 ――生物の階級
 六 有機体国家から群体社会へ
個体としての生物、個体としての社会                斎藤 光
  ――石川千代松における進化と人間社会
 一 石川千代松の位置
 二 石川の進化思想を測る二つの水準点
 三 『進化新論』におけるダーウィン的構図と個体論的構成
 四 進化と社会

III 人種と優生学

人口とその徴候 ――優生学批判のために              宇城 輝人
 一 統計
 二 写真
 三 優生学の視点
アメリカ人類学に見る進化論と人種                 竹沢 泰子
 一 『種の起源』以前のアメリカ人類学 ――モートンとアメリカ人類学派
 二 ダーウィンと人類学
 三 進化論とアメリカ人類学者 ――ブリントン、パウエル、クロッソン
 四 シカゴ世界大博覧会と人種の展示 ――パットナム
 五 人類学にとっての進化論
人種主義と優生学 ――進化の科学と人間の「改造」(アメリカの場合)小林 清一
 一 心理学の展開と遺伝の科学
 二 移民問題と人種主義
 三 遺伝の科学と優生学
 四 優生運動 ――断種と移民制限
 五 優生運動の転換と遺伝の科学

IV ダーウィニズムの現在

「ダーウィン革命」とは何であったか                横山 輝雄
 一 コペルニクス革命とダーウィン革命
 二 ダーウィン革命についての二つの解釈
 三 ダーウィン革命と世界観の問題
 四 ダーウィン革命と歴史性の問題
 五 ダーウィン革命と目的論の問題
必然としての「進化の操作」                    加藤 和人
  ――現代社会における人と自然の行方を考える
 一 現代における進化の科学と思想
 二 実験生物学と「進化の操作」の可能性
 三 生態系の変化 ――すでに操作されている自然
 四 人と自然の見方について ――「文化としての自然」を考える
進化経済学の現在                         八木 紀一郎
 一 進化的な科学革命の構造
 二 再生した進化経済学 ――諸潮流
 三 出現しつつあるコア構造
 四 岐路か統合か ――進化経済学の現在の課題

  ダーウィニズムの展開 関連年表
  人名索引
  執筆者一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。