大学出版部協会

 

 農村住居篇住空間史論Ⅱ

住空間史論Ⅱ 農村住居篇

B5判 624ページ
価格:13,200円 (消費税:1,200円)
ISBN978-4-87698-423-7(4-87698-423-9) C3052
奥付の初版発行年月:2001年06月 / 発売日:2001年05月下旬

内容紹介

本篇では加賀地方の農村住居を舞台に,縄文期から現代に至るまでの,農村住空間の変遷過程が詳細に論じられる.縄文期の,住居の原型ともいうべき棚や台,櫓などの架構体群が,ヤグラ,サス,ウダツなどを経て,やがて床,屋根が形成され,ヒロマが誕生する一一それが近世・現代に至るまで,スケール大きく描き出される.


目次

1 萌芽期の架構体群
  1 柱と架構体
  2 ヤグラの生成
  3 ヤグラの進展
  4 放射状サスの成立
  5 放射状サスの原始住居
  6 ウダツの成立

2 形成期の原農村住居
  1 形成期の架構体系
  2 サス構法の展開
  3 サスとウダツのネブキ屋根
  4 ヤグラと屋根
  5 屋根のタチアゲ
  6 屋根のサシアゲ

3 移行期の前農村住居
  1 初期の合成構法
  2 ヤグラとサスの合成
  3 ヤグラとウダツの合成
  4 ヤグラ,サス,ウダツの合成
  5 ワクノウチヅクリの生成
  6 住空間構成の経緯

4 移行期とヒロマの呼称
  1 ヒロマの意味
  2 配棟形式に由来するヒロマ呼称
  3 床形式に由来するヒロマ呼称
  4 平面形式に由来するヒロマ呼称
  5 住様式に由来するヒロマ呼称
  6 住空間とヒロマ呼称

5 成立期の農村住居
  1 成立期農村住居の成立背景
  2 ヤシキの規模と内容
  3 ヤシキ内の状況
  4 加賀藩の住居規制
  5 居住棟と附属屋
  6 成立期の住空間

6 成立期の構法
  1 成立期の屋根形式
  2 壁面の処理法
  3 ワクノウチヅクリの確立
  4 ワクノウチの発達
  5 ワクノウチの上部構造
  6 ヤグラ,サス,ウダツ構法と民家

7 確立期の農村住居
  1 確立期農村住居の成立背景
  2 ヤシキとヤシキまわり
  3 ヤシキ内の住棟配置
  4 確立期の農家規模
  5 頭振,百姓層の住居
  6 十村ヤシキと役宅

8 確立期の住空間構造
  1 加賀古民家の柱
  2 加賀古民家の柱間寸法
  3 加賀古民家の空間構成
  4 モヤとヒサシの構成
  5 ヒサシ附加空間の発達
  6 住空間構成の不整合性

9 確立期の周辺農村住居
  1 能登の農村住居
  2 平入りヨコヤ造への転換
  3 平入りヨコヤ造の進展
  4 越中と越前の農村住居
  5 隣接地域の構法
  6 古寸法体系の経緯

10 完成期の農村住居
  1 完成期農村住居の成立背景
  2 タテヤの住空間構成
  3 タテヤの空間構造
  4 ヨコヤの住空間構成
  5 漁村住居の住空間構成
  6 完成期の住空間組織

11 現代の農村住居
  1 農村住居と風土性
  2 農家規模の風土性
  3 亜熱帯型民家の住空間
  4 多雪型民家の住空間
  5 農村住居の現代化
  6 農村住居の現代的意味

  結


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。