大学出版部協会

 

 関西哲学会年報 No.22アルケー2014

アルケー2014 関西哲学会年報 No.22

A5判 168ページ 並製
価格:2,200円 (消費税:200円)
ISBN978-4-87698-314-8 C1310
奥付の初版発行年月:2014年07月 / 発売日:2014年07月中旬


目次

課題研究/グローバリズムと正義
グローバリゼーションは 哲学の「普遍化」に寄与しうるか?・飯島昇藏
——レオ・シュトラウスを導きにして
グローバルな正義の基礎としてのコスモポリタニズム・・・・寺田俊郎
グローバルな正義は可能か・・・・・・・・・・・・・・・・松葉祥一
-----------------------------------------------------------
プロタゴラスの相対主義再考・・・・・・・・・・・・・・・中澤 務
主体と時間と情報更新・・・・・・・・・・・・・・・・・・中山康雄
ニーチェ『人間的、あまりに人間的』における正義論・・・・井西弘樹
ストア派における「全人類の協同関係」という概念の形成・・鵜殿 慧
——知者の国家から全人類の協同関係へ?
「真性さ」抜きの他文化主義・・・・・・・・・・・・・・久保田浩平
——チャールズ・テイラー「承認の政治」をめぐって
コジェーヴの「無神論的」あるいは人間学的存在論・・・・・坂井礼文
——「三位一体論」の観点から
カントの『自然学の形而上学的原理』における
 「不可入性」をめぐるニュートン批判・・・・・・・・・・信田尚久
——カントによる「絶対的な不可入性」の批判的考察の意義
マルブランシュにおける人間の自由と
 一般的法則に支配された世界との関係について・・・・・・竹中利彦
プロティノスの性質概念をめぐって・・・・・・・・・・・・西村洋平
プラトン『パイドン』における自然学者の
 探求方法に対する批判・・・・・・・・・・・・・・・・福田宗太郎
十三世紀末の主知主義論争・・・・・・・・・・・・・・・・松根伸治
--フォンテーヌのゴドフロワの立場


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。