大学出版部協会

 

 高山植物と雪渓の生態学大雪山のお花畑が語ること

生態学ライブラリー10
大雪山のお花畑が語ること 高山植物と雪渓の生態学

四六判 232ページ
価格:2,310円 (消費税:210円)
ISBN978-4-87698-310-0(4-87698-310-0) C0345
奥付の初版発行年月:2000年08月 / 発売日:2000年08月上旬

内容紹介

さまざまな草木が美しく咲き競う夏山のお花畑.しかしそこは1年の大半を雪で覆われ,短い夏のあいだも,激しい風雨にさらされたり,暑い昼と寒い夜の繰り返す,極めて苛酷な世界である.そんな場所で植物たちはいかに生き抜いているのだろうか.可憐な花々の意外なしたたかさを鮮やかに描き出す.


目次

はじめに
第一章 雪解け時期の違いが高山の環境を形づくる——風衝地と雪田
1 初めての調査
2 風衝地と雪田という環境
3 雪解け傾度の生態学的役割
第二章 まず植生パターンを見てみた——雪解け傾度と植物の分布
1 高山帯と高山植物群落
2 雪解け傾度と種の分布
3 大雪山の人と生活
第三章 お花畑は動いている——開花・結実のスケジュール
1 高山植物とフェノロジー
2 お花畑の花暦
3 気温変化が作り出す開花パターン
第四章 花粉媒介を巡る植物と昆虫の相互作用——高山植物の繁殖生態学
1 キバナシャクナゲの開花時期と結実成功
2 訪花昆虫の季節性と植物の繁殖特性
3 両性花の性分配変異
4 繁殖を巡る種間相互作用
5 発芽の生態学
第五章 どんな葉っぱを作れば良いのか——葉っぱの生態学
1 葉っぱの寿命の延びるわけ
2 個葉特性の相互関係
3 落葉性と常緑性と窒素と寿命
第六章 山の上での温室実験——高山植物と温暖化
1 一通の招待状
2 二人で始めた国際プロジェクト
3 そして得られた結果
第七章 季節のない世界へ——熱帯高山植物の開花スケジュール
1 キナバル山での一斉開花
2 熱帯高山植物の開花パターン
おわりに
読書案内
引用文献
索  引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。