大学出版部協会

 

 ポスト・トゥルース時代の語用論ウソと欺瞞のレトリック

ウソと欺瞞のレトリック ポスト・トゥルース時代の語用論

A5判 並製
価格:2,860円 (消費税:260円)
ISBN978-4-87354-693-3 C3082
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年03月下旬

内容紹介

ポスト・トゥルースの語に象徴されるように、現代は真実と虚偽の境界が見えにくい。ウソ・欺瞞が日常化した今、背景にあるレトリックの特徴を明らかにすることが重要になっている。本書は、語用論を出発点に、誠実な発話の対極にあるウソ・欺瞞が成立する仕組みを考え、間違った解釈へと誘導される人間の性向を解き明かす。


目次

まえがき
1 序論 ~ウソと欺瞞の時代~
2 ウソの意味論・語用論
3 ミスリードと語用論 ~発話解釈とデフォールトの手続き~
4 忖度について ~負のイメージを背負った言外の意味~
5 欺瞞のメカニズム
6 トリックの現場から ~ウソと欺瞞の理論的背景~
結びにかえて
参考文献
索引
初出一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。