大学出版部協会

 

 国家建設期のキルギス共和国における言語と社会ポスト・ソヴィエト時代の「国家語」

ポスト・ソヴィエト時代の「国家語」 国家建設期のキルギス共和国における言語と社会

A5判 266ページ 上製
価格:3,850円 (消費税:350円)
ISBN978-4-87354-599-8(4-87354-599-4) C3087
奥付の初版発行年月:-0001年11月 / 発売日:2015年03月上旬

内容紹介

近年ヨーロッパ型の「一国家一言語」モデルの矛盾や限界が指摘されているが、旧ソ連諸国においては現在もなお「国家語」を整備・推進する過程が進行している。転換期の社会で、言語はどのような役割を果たすのか。本書では、中央アジアのキルギス共和国における言語と社会の様相を、現地調査に基づいて明らかにする。


目次

序 章
第1章 理論的枠組み
第2章 ソ連およびキルギス共和国における言語政策の歴史
第3章 キルギス共和国の独立以降の言語状況
第4章 地位計画
第5章 実体計画
第6章 国家語委員会の活動
第7章 インタビュー調査
終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。