大学出版部協会

 

 来訪神のコスモロジー異界が口を開けるとき

関西大学東西学術研究所研究叢刊34
異界が口を開けるとき 来訪神のコスモロジー

A5判 278ページ 上製
価格:3,630円 (消費税:330円)
ISBN978-4-87354-489-2 C3039
奥付の初版発行年月:2010年03月 / 発売日:2010年03月下旬

内容紹介

非日常の異界は、祭りの時に開かれ、その時空から先祖霊や神、妖怪が登場する。本書では、ヨーロッパと日本を中心に、祭りの中に継承されてきた来訪神信仰の構造を包括的に考察した。それを踏まえ、現代の来訪神信仰が商業的にデフォルメされ、本質的意義が消滅している問題と、現代社会の病根が繋がっていることを指摘した。


目次

口  絵 
序  文                             
序  章 異界が口を開けるとき (浜本隆志)
第一章 日本とヨーロッパの来訪神信仰の構造 (浜本隆志・大島 薫)
第二章 追儺における鬼 (森 貴史)
第三章 ヴァルプルギスの夜祭りと異界 (浜本隆志)
第四章 聖ヨハネ祭と「ハーメルンの笛吹き男伝説 」 (溝井裕一)
第五章 ハロウィーンの習俗と異界  (浜本隆志)
第六章 フィリピンとイフガオの人びとにみる異界 (熊野 建)
第七章 ハワイのマカヒキ祭とクックの死 (森 貴史)
終  章 来訪神信仰の現代的意義  (浜本隆志)
執筆者紹介 


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。