大学出版部協会

 

 日本の比較稲作社会論低地の歴史生態システム

低地の歴史生態システム 日本の比較稲作社会論

A5判 498ページ 上製
価格:4,620円 (消費税:420円)
ISBN978-4-87354-476-2 C3025
奥付の初版発行年月:2009年03月 / 発売日:2009年03月上旬

内容紹介

 新潟平野・有明海沿岸・近江盆地における技術・むら・開発史・生活文化を,歴史生態をキーワードに,比較歴史地域論として提起。徹底した実証分析から,新たな地域研究や環境論の地平を,歴史地理学・技術史・民俗学・人類学の手法も取りこみ,湿潤アジア地域のなかでの日本稲作社会の特色を浮き彫りにする。


目次



第1編 理論と方法・類型 
 第1章 歴史生態システムの理論と方法
 第2章 稲作社会における歴史生態システムの類型 
第2編 氾濫原型低地 
 第3章 蒲原平野における歴史生態システムと農業景観
  付論1 乾田化に関する資料
 第4章 稲作技術からみた蒲原平野の開発過程
 第5章 蒲原平野における湿田稲作技術と民俗分類
 第6章 新潟平野の現代的変容へのプロセス
第3編 クリーク型低地 
 第7章 有明海沿岸における開発の歴史生態
 第8章 『疏導要書』にみる佐賀藩の治水と利水
第4編 近江盆地の稲作社会
 第9章 近江盆地の開発と歴史生態環境
 第10章 近江盆地における伝統的水利体系と村落結合
 第11章 犬上川扇状地の水利変化と稲作社会・農民の記憶
 第12章 食文化要素からみた近江・伊賀・伊勢の三国国境地帯の意義
  付論2 『郷土調査』史料にみる昭和戦前期の食生活
 第13章 地域のなかの技術と職人
 終 章 アジアにおける日本稲作の発展過程の諸相
 あとがき
 初出一覧
 索引  


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。