大学出版部協会

 

 バリ語とインドネシア語のコード混在インドネシア・バリ社会における二言語使用

インドネシア・バリ社会における二言語使用 バリ語とインドネシア語のコード混在

A5判 306ページ 上製
価格:7,648円 (消費税:695円)
ISBN978-4-87259-399-0 C3080
奥付の初版発行年月:2012年02月 / 発売日:2012年02月上旬

内容紹介

伝統的にヒンドゥー文化とそれに基づく社会階層
が存在する,インドネシアのバリでは,現在「地方
語」のバリ語と「国語」のインドネシア語が使用さ
れ,生活の折々に混在する.この混在は伝統と近
代がせめぎ合うバリ社会で何を示すのか.現地調
査で収集した日常会話に基づき,言語と社会の両
面を考慮した新しい解析方法を提案する.詳細な
分析結果から生き生きとしたバリ社会が浮かび上が
る.


目次

第1章  序論
第2章  バリ語とインドネシア語のコード混在の記述の枠組み
第3章  統語構造におけるBIコード混在の分布と談話マーカー
第4章  受身構文におけるBI コード混在
第5章  BIコード混在と敬語使用の相互作用
第6章  結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。