大学出版部協会

 

生命と倫理の原理論

生命と倫理の原理論

A5判 224ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-87259-348-8 C3010
奥付の初版発行年月:2012年03月

内容紹介

このテーマの第一人者が一堂に会し,最重要の多
角的な議論を展開する.Ⅰ「日本の生命倫理を総
括する」(加藤尚武・檜垣立哉往復書簡),Ⅱシン
ポジウム「21世紀における生命と倫理」(中村桂子,
米本昌平),Ⅲ「〈放射能国家〉の生政治」(金森
修),Ⅳ「生命倫理の原理論」(権藤恭之,重田謙,
入谷秀一,平田雅之,丸田健)の内容.大阪大学
最先端ときめき研究推進事業.混迷する現代に人
間の希望をいかに見だすか.

著者プロフィール

檜垣 立哉(ヒガキ タツヤ)

大阪大学人間科学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序にかえて-生命倫理から生権力論へ-
檜垣立哉

Ⅰ「日本の生命倫理を総括する」 往復書簡
加藤尚武)・檜垣立哉

Ⅱ シンポジウム「21世紀における生命と人間」
1 生命誌のこれから-主客合一に注目して (中村桂子)
2  生気論とは何であったか (米本昌平)

Ⅲ 3..11後の生命と社会
1 〈放射能国家〉の生政治(金森 修)

Ⅳ 生命倫理の原理論
1 バイオサイエンス時代におけるサクセスフルエイジング−身体の健康から、精神の健康へ (権藤恭之)
2 因果と自由について (重田 謙 )
3 何が「君自身について物語れ」と命じるのか−自伝、伝記、そして生政治 (入谷秀一)
4 ブレイン・マシン・インターフェースの脳神経倫理−臨床研究の観点からの論考 (平田雅之)
5 生命、アニミズム、魂への態度 (丸田 健)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。