大学出版部協会

 

The Gender Politics of War Memory

The Gender Politics of War Memory

菊判 190ページ 上製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-87259-346-4 C3036
奥付の初版発行年月:2012年03月

内容紹介

This volume examines the gendered politics of remembering
wartime and military sexual violence in Japan,
Germany and Australia. Drawing on a variety of disciplinary
perspectives, the authors explore a number of
key entanglements and conflicts, including the‘ comfort
women’ issue, using gender as an analytical category.
This volume will be of particular interest to readers
studying gender and sexuality, North East Asian history
and international relations, and conflict studies.

著者プロフィール

牟田 和恵(ムタ カズエ)

大阪大学人間科学研究科教授

山本 ベバリーアン(ヤマモト ベバリーアン)

大阪大学人間科学研究科准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Gender and the De-Politicization of War Memorialization in Japan.
Militarized Masculinity as National Identity.
Gender in Peace Education in Japan/Remembering the Battle of Okinawa, Forgetting the Comfort Women.
The Unrecognized Victims of Military Sexual Violence in Japan in the Early Cold War Era.
The Gendered Limits of Holocaust Memory in Germany.
Reconciliation Over Past Sexual Slavery in Japan.


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。