大学出版部協会

 

総合研究カナダ

総合研究カナダ

A5判 208ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-86283-304-4 C3030
奥付の初版発行年月:2020年04月 / 発売日:2020年04月中旬

内容紹介

広大な国土と豊かな自然、多文化社会で知られるカナダは、実に複雑な背景をもつ国である。各分野の専門家を結集した学際的アプローチによりその複雑さに迫り、カナダの総合的理解をめざす。

著者プロフィール

水戸 考道(ミト タカミチ)

関西学院大学法学部教授、クロス・カルチュラル・カレッジ構想責任者および共同教務委員長。トロント大学大学院博士課程単位取得満期退学。専門は国際比較政治経済学、北大西洋地域研究、グローバルスタディ。ケンブリッジ大学講師、モナシュ大学高等講師、九州大学教授、香港中文大学教授、早稲田大学教授などを経て、2010年より現職。主要論文に、 “The institutionalization of energy cooperation in Asia”(Asian Design, Cornel University Press, 2016、共著)など。

大石 太郎(オオイシ タロウ)

関西学院大学国際学部教授。東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了。専門は人文地理学。モントリオール大学地理学教室博士研究員、琉球大学准教授、関西学院大学准教授を経て、2018年より現職。主要著書に、『カナダの歴史を知るための50章』(明石書店、2017年、分担執筆)、『世界と日本の移民エスニック集団とホスト社会―日本の多文化化に向けたエスニック・コンフリクト研究』(明石書店、2016年、分担執筆)など。

大岡 栄美(オオオカ エミ)

関西学院大学社会学部准教授。トロント大学大学院社会学研究科博士課程修了。専門は社会学。2009年より現職。主要著書・論文に、『カナダの歴史を知るための50章』(明石書店、2017年、分担執筆)、『安全』かつ『効率的』管理に向かうカナダの難民庇護政策―ハーパー保守党政権による境界再編に関する一考察」(『法學研究 関根政美教授退職記念号』89巻2号、2016年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
序章 カナダ研究序説  水戸考道
第1章 カナダの国土と諸地域の特色  大石太郎
第2章 カナダの人口と都市  大石太郎
第3章 カナダの社会
    ──モザイク社会の挑戦  大岡栄美
第4章 カナダの舞台芸術  神崎 舞
第5章 日本の教育の近代化とカナダの教会
    ──関西学院の事例  池田裕子
第6章 カナダのケベック州とメープルシロップ  友武栄理子
第7章 ケベック、北米に花開くフランス系文化と新しい共存の模索  真田桂子
第8章 カナダの憲法と司法制度  木村 仁
第9章 太平洋を隔てた隣国
    ──日加関係  木村裕子
第10章 カナダと国連平和維持活動  木村裕子
第11章 カナダの政治と社会
    ──日本との比較  水戸考道
第12章 日本と私  マッケンジー・クラグストン(田邊 信:訳)
おわりに
さらに学びたい人のために
執筆者略歴


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。