大学出版部協会

 

 ポリスとは何か古代アテナイ社会と外国人

古代アテナイ社会と外国人 ポリスとは何か

A5判 388ページ
定価:3,800円+税
ISBN978-4-86283-297-9 C3022
奥付の初版発行年月:2020年01月 / 発売日:2020年01月中旬

内容紹介

ポリスとは何か。一般にポリスの「本質」が血縁に基づく市民団の閉鎖性に求められるなかで、アテナイ社会での市民と外国人双方のメンバーシップをめぐる考え・行動から、この問題を捉え直す。

著者プロフィール

篠原 道法(シノハラ ミチノリ)

現職:立命館大学非常勤講師
専攻:古代ギリシア史
1980年 長野県佐久市(旧南佐久郡臼田町)生まれ
2011年 立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了、博士(文学)。
日本学術振興会特別研究員PD(平成27年度採用)、在アテネ・イギリス研究所(The British School at Athens)への正規メンバーとしての所属(2017年度)を経て、現職。


〈主な著書〉
Memory of the Past and Its Utility: Nation, State, Society and Identity
(共著、Scienze e Lettere, Roma, 2014)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
序論

第1章 古典期アテナイにおける住民概念としてのアストス
第2章 前5世紀末アテナイにおける内乱と和解
    ──社会への外国人の関与をめぐって
第3章 古代アテナイにおける市民団の一体性・平等性とその背景
    ──民主政成立の画期に注目して
補論 前5世紀後半における国際関係とアウトノミア概念の展開
    ──アテナイによる「帝国」正当化の論理をめぐって
第4章 前4世紀におけるアテナイ社会と外国人
    ──顕彰碑文の分析を中心に
第5章 前4世紀以降のアテナイにおける外国人の社会進出と自己表現
    ──墓碑の分析を通じて
第6章 前5世紀中葉以降におけるアテナイ住民と名誉をめぐる社会規範
    ──墓碑における戦士の表現に注目して
第7章 アテナイ住民の社会的機能の表現とその意義

結論
あとがき
索引
英文要旨


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。