大学出版部協会

 

いま、ことばを立ち上げること

K. G. りぶれっと
いま、ことばを立ち上げること

A5判 104ページ
定価:900円+税
ISBN978-4-86283-296-2 C1036
奥付の初版発行年月:2019年11月 / 発売日:2019年11月下旬

内容紹介

様々な立場から「ことば」の立ち上げの現場に関わってきた方々を迎え「いま、ことばをどう立ち上げるか」をテーマに2018年に開催した関西学院大学出版会設立20周年記念シンポジウムの講演録

著者プロフィール

林 香里(ハヤシ カオリ)

林 香里
1963年名古屋市生まれ。
専門 ジャーナリズム/マスメディア研究。
ロイター通信東京支局記者、東京大学社会情報研究所助手などを経て、現在東京大学大学院情報学環教授。
〈著書〉
『メディア不信─何が問われているのか』岩波新書、2017年。『〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム─ケアの倫理とともに』岩波書店、2011年。『テレビ報道職のワーク・ライフ・アンバランス─13局男女30人の聞き取り調査から』大月書店、2013年(共編著)。

細見 和之(ホソミ カズユキ)

細見 和之
1962年兵庫県丹波篠山市生まれ、丹波篠山市在住。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門はドイツ思想。20歳のころから詩を書き、文学と哲学を二本の柱としてきた。同時に、大学卒業後生徒として入学していた大阪文学学校の校長を、2014年から務めている。
〈著書〉
『アイデンティティ/他者性』岩波書店、1999年。『フランクフルト学派』中公新書、2014年。『「投壜通信」の詩人たち』岩波書店、2018年3月。

石井 伸介(イシイ ノブスケ)

石井 伸介
1963年北海道生まれ、東北育ち。1986年、文教大学情報学部卒。同年、プレジデント社入社。「プレジデント」副編集長、書籍部長等を経て2013年退職。2014年、神戸にて株式会社苦楽堂を創業。
〈主要編集担当書籍〉
『海の本屋のはなし』平野義昌著、2015年。
『本屋、はじめました』辻山良雄著、2017年。
『スリップの技法』久禮亮太著、2017年。

細川 周平(ホソカワ シュウヘイ)

細川 周平
1955年大阪生まれ。国際日本文化研究センター教授。専門は音楽文化史、日系ブラジル文化史。
〈著書〉
『遠きにありてつくるもの─日系ブラジル人の思い・ことば・芸能』みすず書房、2008年(読売文学賞受賞)。『サンバの国に演歌は流れる』中公新書、1995年。『シネマ屋、ブラジルを行く』新潮選書、1999年。『日系ブラジル移民文学 日本語の長い旅』(全二巻)みすず書房、2012-13年。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

あいさつ・趣旨説明  田村和彦
言葉はなぜ立ち上がらないのか? 「メディア不信」と日本社会の行方  林 香里
生きる糧になる言葉をもとめて—大阪文学学校校長として  細見和之
「あたりまえのこと」ほど伝わらない  石井伸介
ブラジルで書く日本語—松井太郎の場合  細川周平
シンポジウム いま、ことばを立ち上げること


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。